12月18日公開の映画「約束のネバーランド」を観賞した。

この作品は白井カイウ原作の「約束のネバーランド」を実写化した作品で孤児院で暮らす子供たちが16歳までになると誰かの元へ旅立つ事になっていたがある日子供たちはこの場所が実は人食い鬼に食べられる運命である事を知りこの場所から脱出しようと試みるストーリーである。

この世界しか知らない子供たちがどうやってこの場所から脱出していくのだろうか?




身寄りのない子供たちが実はここで育てられている理由が鬼に食われるためという衝撃的な事実を知った子供たちはどうやってここから脱出するのか?というのがこのストーリーの軸になるのだが、意外とこの場所は監視が思った以上にいないが、ママと呼ばれるシスターが確り監視しているので子供たちの力だけではなかなか脱出が難しい。

しかし優秀な子供が3人いた事によりこの脱出劇が可能になっていく事からも脱出に至る攻防が繰り広げられていく。果たして子供たちはこの場所から脱出できるのだろうか?

キャスト



ストーリー



結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとしてグレイス=フィールドハウスで育てられている子供たちがいた。その子供たちは日々勉強をしながらも楽しく生活をし、そこで多くの事を学ぶ事でずば抜けた成績を残す子供がいた。

エマ、レイ、ノーマンという3人の子供は優秀で15歳になっていた。この孤児院は16歳になると出なければならない決まりになっておりあと1年無かった。そんなある日1人の子供が引き取られる事が決まり忘れ物を届ける為にエマとノーマン後を追ったが、そこで知ったのは子供は鬼に食われる事だった。

自分たちは鬼に食われるために育てられている。それを知ったレイとノーマンはこの事実をしばらく伏せていたが、ここでレイがその事実を知っている事を明かす。鬼は頭の良い子供を好むという事で自分たちはその為に育てられているし、勉強をさせられているという事だった。

どうしてレイがそれを知っているのかはわからないが、どうやら生まれる前の記憶が残っているらしい。そしてそれはシスターであるイザベラによって管理されている。この話はこの中にいる状況ではわからないが、長い間人間と鬼が戦い続けた歴史があり、それを終息させる為に人間と鬼が協定を結んで子供を食べる代わりに人間界を襲わないという事らしい。

そしてここからどうやって脱出するのかエマ、ノーマン、レイは考えていくが、イザベラの監視は厳しくなかなか隙がない。それ以上にどうやって脱出するのか見えない中でまずはこのグレイス=フィールドハウスの構造を知る事から始まった。

元々行動制限が掛けられており、この建物がどうなっているのかがまずわからない。それ以上に外の世界は更にわからない訳で脱出後の事は未知数というからそれだけここから脱出する事は容易じゃないという事でもある。

ただここで監視しているのがイザベラだけという事で1人だけで監視しているのは子供たちはここから脱出するのは困難で脱出できても生きて逃げられないという事なのだろう。しかしイザベラは監視役でもあったけれど、ただ勉強をさせていた訳ではなかったという事が後に描かれていくのだが、エマ、レイ、ノーマンが色々策を練っているものの、実はレイはイザベラと通じている事が明らかになる。

どうして通じていたのかは劇場で確認してほしいけれど、ここで繋がっていた事を知ったがそれはレイが外の世界から色々な物を手に入れる為だった。しかしイザベラもそのまま何もしなかった訳ではなく、クローネという助手を新たに入れて監視を強める。

当初クローネはイザベラの指示に従っていたが、実はクローネはこの施設の外から支援者と通じる者だった。それはこのストーリーではエマ、レイ、ノーマンが知る事はなく終わるが、クローネは脱出する為の鍵を残していく。

そして脱出を試みようとしたがそれをイザベラに阻止されてノーマンが次の犠牲者となる事になった。しかしノーマンが残した手掛かりにより脱出する為の計画は着実に進んでいたのだった。果たしてエマ、レイたちは脱出する事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、脱出するにも全員で脱出するのは不可能というのは言うまでもなかったけれど、最初はエマも全員で脱出をしようと考え続ける。しかし4歳ぐらいの子供では脱出できても足手まといになる可能性が高く、さらに色々事情を知る上で6歳までは食べられる事はないという事が確定した事で4歳の子供たちは残す事になった。

そしてそこからどうやって抜け出すかだが、このグレイス=フィールドハウスは周りが堀で崖となっており子供が落ちれば即死間違いなしという状況だった。しかし正面から逃げ出そうとすれば見つかる可能性が高く逃げ切れない事は間違いない。そこでノーマンは逃げ出せそうな場所を探し出しそして探した結果唯一距離が短く気がある場所を見つけてそこからロープを投げれば逃げ出せるという事を見つけた。

そこからエマとレイは作戦を立て続けていた訳だが、それを決行するのがレイが出荷される日と決めていた。そこから脱出劇はイザベラがこの日の為に教育してきた成果が活かされる時のためだったという事を知るのだった。

総評として脱出した先には当然色々な困難と未知の世界が待ち構えているが、ここを脱出する為に教育していたイザベラは何時の日か自分が教えた事が役立つ日が来ると信じていたのだろう。そしてその知識はこれからエマ、レイが待ち構えている困難で必ず活かされていくはずだ。脱出した先のエマとレイがどうなったのかはこれからだが、脱出劇としては最初から最後までスリリングな展開だった。