10月23日公開の映画「君の瞳が問いかけている」を観賞した。

この作品は事故で家族と視力を失った女とある事件で全てを失った男がひょんな事から出会い惹かれていくが、色々な事を知っていく先にある事実を知っていくラブストーリーである。

人はある事がキッカケで運命として結ばれていく事がある事を知る事になるだろう。

人はある事がキッカケで出会う事があるものだけれど、色々な障害がある中で出会い、そしてそこから愛が芽生えていく先にある事件と邂逅していた事を知っていく訳だけれど、このストーリーについてどうやって償っていくのか?という事がテーマなのだと感じる。

償い方は色々な形があるけれど、償った先にみる愛の結末をレビューしていきたい。

キャスト&ストーリー




結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして交通事故で両親と視力を失った柏木明香里はコールセンターの仕事をしながら日々の暮らしをしていた。そんなある日駐車場の管理人のおじさんの元へ向かうと、これまでいた管理人が代わっておりアルバイトをして入った篠崎塁という年下の男だった。

当初は勘違いから始まった2人だったが、次第に意気投合して少しずつだけれどお互い接点を持つようになっていった。しかし明香里は視力を失ってからやはり障害者という事で上司から色々な嫌がらせを受けている事を塁は知る。

それを塁が守った事で2人の距離は一気に縮まるのだが、問題はそこから2人の接点が明香里の事故と関係している事を知っていく。塁は以前からキックボクシングをやっていたのだが、ある事件をキッカケに1度は遠ざかった。しかし明香里との出会いで再びキックボクシングと向き合う。

塁は明香里と共に生きる為に真剣にキックボクシングに打ち込み、明香里も自分がやりたかった事を見つけて会社を辞めて自分のやりたかった事をやり始めていた。

しかし塁は明香里からある事故の事について聞かされた時に明香里の両親と視力を奪ったのは自らの事件のせいだと知った時に自ら明香里に何を償えるのかを考え始める。

そんな中で塁が以前から知り合いであった半グレグループのリーダーからある一獲千金の試合に出てほしいと頼まれる。塁は孤児院で育っており両親を知らないままその知り合いと共に育っている。

しかしそこで裏社会に行った知り合いとは別に塁は表社会に残りながら事件に関わったというのが事件の経緯だ。

自分の事件のせいで明香里から全てを奪ってしまった罪悪感から塁は明香里が視力が戻る可能性がある事を知り自らの身と引き替えに大勝負に挑むのだった。果たして塁はその勝負に勝つ事ができるのだろうか?そして明香里はそんな塁にどう向き合うのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、2人の関係はあの事故と事件から始まっていたという事をストーリーを通じて明らかになる訳だけれど、そこから塁はどうやって明香里に償うべきなのか?という事を常々考えていた。そして辿り着いた答えは明香里の目を治す事だった。

その為には多額のお金が必要な事は言うまでもなかったその為には自らの命と引換にしてでも得る選択肢をする。そういう選択肢になったのは塁が孤児院育ちである事もあるし、自らは帰る場所はないという気持ちが強かったからでもあった。

しかしそれでも明香里は塁には帰る家があるとそれが明香里が塁を受け入れる事だった訳だけれど、塁がどうして姿を消してしまったのかを明香里は知っていく過程で明香里と塁が過ごした日々で塁が明香里に対して償おうとする気持ちを強く感じた事であるし、その引換が自らの命でもあった。

でも全てを失った塁をまた救ったのも明香里だった事は明香里自身も家族を失ったからこそ理解できた事も大きかったのだと感じている。

総評として明香里と塁はあの事故、事件から全てが始まっていた訳だけれど、2人とも失ったものが大きいからこそ失ってはいけないものも身を持って知っていた。1度奪ってしまったものを取り戻してくれた塁に対して明香里は暖かく迎えてくれたラストシーンはどんな困難でも2人は乗り越えて行ける未来を示していたのだと思います。











きみの瞳が問いかけている
mio-sotido
Rambling RECORDS
2020-10-07