7月23日公開の映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」を観賞した。

この作品は2018年4月期に放送され、2019年5月に公開された劇場版の続編となる作品で、シンガポールを舞台に10兆円を超えるお宝をゲットする為に侵入するが、そこでは数多くの困難な状況が待ち構えているストーリーである。

お宝ゲットが難しいミッションに信じれば真実になるというのはどういうことなのだろうか?



まずこの作品が三浦春馬さんの遺作となった事で別の意味で注目を集めてしまった作品だけれど、それ以前には東出さんの家庭問題など公開そのものが危ぶまれるほど数多くの困難が降りかかった作品だけれど、無事に公開まで辿り着き、続編も決定しただけにやはり長澤まさみさんの代表作になろうとしている。

今回はシンガポールの大富豪を狙った詐欺に挑むが、そこに偽りの後継者を連れて行く訳だが、果たしてこの詐欺は成功するだろうか?

キャスト




ストーリー




結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとしてロマンス編から1年後を舞台にダー子、ボクちゃん、リチャードは新たにターゲットとしたのが大富豪フウ家だった。

しかし当主が亡くなった事で後継者争いが勃発し、そこに目を付けたダー子は後継者にコックリという身寄りのない少女を仕立てる。そこまで行く過程においてダー子は色々な小細工をされている訳だけれど、そこが最後の最後で騙される事になっていく訳だが、潜入したダー子、ボクちゃん、リチャード、そしてダー子と交流のある詐欺師たちがフウ家に乗り込んだ。

しかし想像以上に警備が厳しく、さらには疑いの目が厳しい中でなかなか突破口が見えない。そんな中で後継者3人の弱みを握り始めるダー子は次第に突破口を見つけようとするが、その中でダー子にある人物たちが忍び寄ってきていた。

そんな窮地でもダー子はコックリに最後まで真実として欺く事を告げるのだった。そしてお宝直前にダー子はある奇策を仕掛ける。そして手配した詐欺師たちが色々欺く策を講じていた。果たしてダー子は何処で騙す事に成功したのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、振り返ればあのシーンでこう騙していたのかを知る事ができるお約束になる訳だが、やはり天才詐欺師であるダー子にとっては色々な計算を尽くしていた訳で最後の最後まで騙し続ける事こそ詐欺師の真骨頂であるという事だ。そしてコックリを後継者に据えた事も最初からこの財産は誰の者にもできない方法は1つしかなかったという事だ。それを全て計算済で動いた事でダー子たちは見事に騙し切った訳だが、さすがにダー子たちもこの財産全てを手にするにはあまりにも持て余すという事だった。

総評として三浦春馬さんの最後の姿を観る事ができたし、何よりこの作品に関わった多くの方々に印象を残していけたと思います。そして作品はまだまだ続いていく訳ですけれど、果たしてダー子たちの次のお宝をどうゲットしていくのだろうか?次作が楽しみだ。

コンフィデンスマンJP 運勢編 Blu-ray
織田梨沙
ポニーキャニオン
2020-04-29

コンフィデンスマンJP ロマンス編 豪華版Blu-ray
長澤まさみ
ポニーキャニオン
2019-12-04

コンフィデンスマンJP Blu-ray BOX
小日向文世
ポニーキャニオン
2018-09-19