1月31日公開の映画「AI崩壊」を観賞した。

この映画は2030年AIが生活に浸透した社会で突然AIが暴走して世界は混乱の渦に陥る中でその原因を探ってAI暴走を阻止しようとする天才開発者が阻止しようとするストーリーである。

AIの暴走原因は何なのか?そして暴走した先に見る防ぐ手段とはどんなものなのか?





これから10年後はAIが大きく普及しているのは間違いないと思うけれど、そんな中で医療や様々な事で殆どをAIで補えるようになっていく。そんな中でもしAIが暴走したらどうなるのかというのを描いたのはこの作品である。確かに今やデータの蓄積によりコンピューターの方が人間より優れた部分も少なくなく、AIの意思によって決められる事も珍しくない。

そんな暴走を止めようとしたのが開発者でもある人物だった。果たしてAIの暴走はどうして起きたのか?そしてAIの暴走は止められるのか?

キャスト&ストーリー

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして開発者である桐生は医療AIの「のぞみ」の開発に成功したのちに最前線を親戚に託して自らは妻を救えなかった事を抱えて娘と共にシンガポールへ移住していた。

そんなある日その功績が認められて7年ぶりに日本に帰国するところから事件に巻き込まれていく。当然政府に関わっていない民間の医療AIであるのぞみは政府からの要請にも拒否をしていた。

そんな中で突然AIのぞみが暴走を始めた事から世の中は混乱の渦に巻き込まれていく。その犯人とされたのが桐生だった。突然犯人にされた桐生はどうなっているのかわからずただただ逃げ続けるしかなかった。

しかしこの時代のAIは警察にも導入されており何処にいるのかある程度把握できるようになっていた事から逃げるのも容易ではなかった。

暴走した原因を探るべく亡き妻の弟である西村との協力をしながらAI暴走の原因を探っていく。そしてそれを追う刑事の中にはこの事件はどうも何かがおかしいと感じるベテラン刑事会田と付き添う若手刑事奥瀬がいた。

そんな逃亡の中で桐生と西村はAIのぞみの中に閉じ込められた娘を救う為に奮闘していく。そして桐生と西村は暴走の原因をついに突き止めるのだった。そして犯人もわかった中ではたして桐生はAIのぞみの暴走を阻止する事ができるのだろうか?

結末は劇場でみてほしいけれど、AIが暴走した時にどうやって止めるのかをよく考えておかないと止められないシステムほど最大の欠点はないという事になる。そういうシステムを組む時点で相当防御力は高い訳であり、そう簡単に破れない様に作られている。

そんな中で原因を追究するとやはりこういうシステム暴走の原因はシステムの外部からの侵入による改ざんであるという事がよくわかる。コンピューターウイルスの殆どは外部からの侵入によるものだが、今回もそういう悪意ある人物による改ざんが暴走の原因となるのだが、それを修復できるのも開発者自身であったという事だった。

総評としてAIが暴走した時にどうやって止めるのかを考えておくことの重要性を改めて感じる作品だった。暴走を阻止するにはやはり修復する以外にない訳であり、それができる人物がいなくなった後は本当に大変だ。改めてAIの進化した先の事を考える機会になった作品である。



AI崩壊 (講談社文庫)
浜口 倫太郎
講談社
2019-11-14