10月4日公開の映画「蜜蜂と遠雷」を観賞した。この映画は天才と呼ばれた20歳の女性が再び表舞台に立つために様々な天才と向き合いながらピアノの前に立とうとする姿が描かれる作品である。

天災と呼ばれた人の葛藤は普通に人には解らないほどの苦しみがあるという事を知るだろう。




13歳で天才少女と言われた人が母の死によって表舞台から遠ざかり再び20歳になってから表舞台に戻ろうとする姿が描かれていくが、やはり長年表舞台から遠ざかってしまうと人はなかなかあの時の用にはいかないものではある。それに時代は何時も同じような天才と向き合わなければならないのが音楽の世界であり、その世界で生き残れるのは本当に僅かな人間のみだ。

その中で再び表舞台に戻ろうとする女性の葛藤を追っていく。

キャスト

栄伝亜夜演じる松岡茉優
高島明石演じる松坂桃李
マサル・カルロス・レヴィ・アナトール演じる森崎ウィン
風間塵演じる鈴鹿央士
高島満智子演じる臼田あさ美
仁科雅美演じるブルゾンちえみ
ジェニファ・チャン演じる福島リラ
ピアノ調律師演じる眞島秀和
クロークの女性演じる片桐はいり
菱沼忠明演じる光石研
田久保寛演じる平田満
ナサニエル・シルヴァーバーグ演じるアンジェイ・ヒラ
嵯峨三枝子演じる斉藤由貴
小野寺昌幸演じる鹿賀丈史

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女・亜夜。社会人となり妻子を持ちながらも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした明石。音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル。そして、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・塵。まったく異なる境遇にある4人の天才ピアニストたちが国際コンクールでの熾烈な戦いを通して、互いに刺激し合い葛藤し、そして成長を遂げ“覚醒”していく…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして栄伝亜夜は13歳の母の死までは天才少女をほしいままにしていたピアニストだったが、母の死によりコンクールから逃げて7年間の空白の時を送っていた。

おそらく心の支えだった母の死は亜夜にとってはあまりにも大きくピアノの前に立てる状況ではなかった事も大きい。それは13歳の少女にとっては酷な現実だった。それから7年の月日が流れて再びピアニストとして表舞台に立つために国際コンクールにエントリーした。

しかしそのピアノにはかつての輝きはなく、予選は突破したもののとても優勝できるレベルになかった。そんな中で出会ったのがかつて共にピアノを競ったマサル、妻子を持ちながら最後のチャンスに賭ける明石、世界最高のピアニストが残した謎の少年塵だった。

マサルとの再会は再びピアニストとして競えるという反面不安も拭えなかった。しかし最後の挑戦と挑む明石と出会った事でまだ自分にはチャンスがあるという事を感じるが、それ以上に亜夜に影響を与えたのが塵だった。

少年ながらかつて天才少女と言われた自分の姿を思い出す塵の言葉に亜夜は次第に自分のピアノを取り戻していく。しかし亜夜にはかつてステージから逃げたという恐怖との戦いの始まりでもあった。果たして亜夜は再びピアニストとして表舞台に返り咲けるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、色々な天才と接する事で自分はどれだけの位置づけにいるのかを知る事にもなるけれど、それ以上に人は人と以下に思えるかもある。どんなに努力してもその人にはなれないという事を自覚しなければずっと自分にできる音楽は見つからないという事でもある。

そんな亜夜は再びステージに戻った時その自縛から解き放たれる事になるのだった。

総評として亜夜は再びステージに戻ることができた。それは色々な天才との出会いや再会によって自分は自分という気持ちを持つ事ができたからでもあるし、やはり亜夜の輝ける場所はステージのピアノであるという事を改めて知ったのだと思う。彼女しか奏でられないピアノは再び世界で多くの人に届ける事になるのだろう。



蜜蜂と遠雷
恩田 陸
幻冬舎
2016-09-23