9月13日公開の映画「記憶にございません!」を観賞した。

この作品は内閣支持率史上最低の総理が記憶喪失となった事で繰り広げられるコメディストーリーである。

この日本はこのような史上最低の総理で本当に大丈夫なのだろうか?




内閣支持率最低の総理が主役という事で色々な人柄があって支持不支持がある訳だけれど、そもそも政治家というのは確り政治を進行してもらえば良い訳で余計なパフォーマンスよりも国民が望む政治をしてくれればよい訳だが、それならこんな支持率にはならないというけれど、どんなに良い政策をしても結局今のマスコミなどはそういうところを取り上げないマスコミもある訳で、この総理がどういう政策をするのかが本当のポイントである。

とはいえ人心掌握されない総理では国を纏められない訳である訳だけれど、果たしてこの総理で本当に日本は大丈夫なのだろうか?

キャスト

黒田啓介演じる中井貴一
井坂演じるディーン・フジオカ
黒田聡子演じる石田ゆり子
番場のぞみ演じる小池栄子
寿賀さん演じる斉藤由貴
山西あかね演じる吉田羊
大関平太郎演じる田中圭
南条実演じる寺島進
黒田篤彦演じる濱田龍臣
スーザン・セントジェームス・ナリカワ演じる木村佳乃
鶴丸大悟演じる 草刈正雄
古郡祐演じる佐藤浩市

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていくが…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして国民から嫌われている史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣黒田啓介はある日に一般市民から投げられた石が頭に当たり記憶喪失になってしまった。

総理大臣が記憶喪失となれば政界は大混乱という事でそれを隠すための偽装工作が始まる訳だが、ここでキーマンとなるのは井坂、番場のぞみという2人だった。この秘密を公然と知る2人はこの事態に対してどう乗り切るのか?というよりもどう利用するのか?というのが正直なところではあるが、上手くやれば総理を操れるという事で2人は黒田総理を上手く利用しようとする。

それでも記憶を失った総理を操る事はなかなか大変で、記憶を失った黒田総理を普通の生活をさせる事もままならない訳ではあるけれど、逆にこれが黒田総理の今までの行動を根本的に変えていく事になる訳なのだが、正直なところこの総理がやってきた事ってかなり黒い事をやっていたりする訳ですが、それを根本的に見直そうとすればこういう機会が逆にチャンスという捉え方もあるという事です。

実際に黒田総理はもう1度政治について学び直そうとかつての恩師を呼び寄せて政治の勉強をし直すというのはこのコメディ作品としてはなかなかいい着目点なのだと感じます。このまま記憶を取り戻して元通りだったらそれはそれで面白いのでしょうが、全く違った状況で記憶を取り戻したならそれはそれで痛快な展開になる訳です。

黒田総理はそんな状況で1度は離婚寸前だった妻とも和解し、逆にこれまで総理の後ろ盾だった官房長官を失脚させようとします。果たして黒田総理は記憶を取り戻す事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、総理大臣というのは最終的な決断をしなければならない立場なのでその決断が本当に正しいのかは実際に実行しないと解らない側面がある訳です。でも実行した結果が良ければ評価されるし、悪ければ評価されないのでどの総理でもそういう政治的な政策が成功できるかどうかが成功の基準だと思います。

総評として記憶を取り戻した黒田総理は最終的に色々な事で変わっていきます。その変わりっぷりは周りが驚くほどですが、年数を経ると昔は決断できなかった事でも決断できるようになることがある。それも年数を重ねてこそだけれど人は時として思い切った決断をして変わる事がある。その決断力が人には必要なのだという事が総理の条件なのだという事だ。



「記憶にございません! 」 オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
キングレコード
2019-09-11