9月13日公開の映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」(R15+指定)を観賞した。

この映画は天才ベストセラー作家である太宰治と女性の関係を描いた作品である。傑作を生み出すには様々な経験をしないと書けないものではあるがこれも戦前戦後の時代だからこそできた事だとも感じる。




今の時代ならこれだけ多くの女性と浮名を流すというのは世間から大バッシングを受けて叱るべしだけれど、この時代はこういう事を報じる事はあまりなかった時代でもあったという事だ。そんな太宰治が山崎富栄と入水自殺をするまでの2年間が描かれる訳だけれどその経緯もかなり今の時代では考えられないほどではある。そんな太宰治が山崎富栄と入水自殺を図るまでの経緯は一体どういうものだったのか?

キャスト

太宰治演じる小栗旬
津島美知子演じる宮沢りえ
太田静子演じる沢尻エリカ
山崎富栄演じる二階堂ふみ
田部シメ子演じる山谷花純
佐倉潤一演じる成田凌
太田薫演じる千葉雄大
伊馬春部 演じる 瀬戸康史
三島由紀夫演じる高良健吾
坂口安吾演じる藤原竜也

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

天才ベストセラー作家、太宰治。身重の妻・美知子とふたりの子どもがいながら、恋の噂が絶えず、さらには自殺未遂を繰り返すという破天荒な生活を送っている。弟子でもある作家志望の静子と、未亡人の富栄。ふたりの愛人と正妻をめぐり、日本中を騒がせた“文学史上最大のスキャンダル”が幕を開けようとしていた…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして太宰治が山崎富栄と入水自殺をするまでの2年間が描かれる訳だけれど、この間に太宰は太田静子と愛人関係であり、2人の間には娘が生まれるのだが、今の時代ならこのような生き方はまずできない訳だけれど、この時代だからこそできた生き方と言える。

どうして太宰に多くの女性が魅了されたのか?と問われるとやはり太宰の文学に他ならない訳だが、これだけ女にだらしないと妻となった美知子は相当大変だったと思うが、ある意味作家だから割り切れたとも言える。

そんな太宰だが太田静子との間に子供が産まれてしまった事で静子から逃げる日々を送るが、そんな時に出会ったのが山崎富栄だったが、そこから2人の関係は続いていくのだが、この頃の太宰は既に結核に侵されておりもう長くはないという状況だった事も山崎富栄との入水自殺に繋がっていく訳だけれど、ここで着目するのが同じ死ぬにもこれまで数多くの自殺を試みてきたがそれを最後の最期で成し遂げるという事だ。

どうして太宰は山崎富栄との入水自殺を行き着いたのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、昭和の戦前戦後に活躍した太宰治の最期の2年が描かれた訳だが、この時代は戦後でありこれからという時代なので焼け野原からの復興にようやく進もうとした時代だ。そんな中で人々はセンセーショナルな小説に魅了されていった訳だけれど今の時代ではまずできない事をできた時代があった事を知る事になる。

総評として今の時代ならこういう作家は徹底的に叩かれるだろうが、この時代には許された時代があったという事だ。人々が経験できない経験をできたからこそ語れる事があるというのがこの時代の作家の特権といってよいのかもしれない。



太宰治 創作の舞台裏
日本近代文学館
春陽堂書店
2019-04-15