6月21日公開の映画「ザ・ファブル」を観賞した。

この映画は伝説的な殺し屋が1年間誰も殺さず生きろというボスの命令を受けて1年間パートナーと共に大阪で生活するが、その先で出会った女性がトラブルに巻き込まれて救出に向かうストーリーである。

伝説的な殺し屋だけに例え誰も殺さずとも無類に強さで戦っていく事になる。




裏社会の伝説の殺し屋という事でロックオンされたら命はもうないという位凄い殺し屋である。あまりにも強すぎて逆にこれ以上やり過ぎると色々大変な事になるという事で1年間何もしない生活をしていく事になるのだが、やはり常に誰かを殺していた殺し屋にとって誰も殺さずに生きる難しさを感じさせることになる。そんな殺し屋に殺さないと戦えない案件が舞い込む。果たして誰も殺さずに戦えるのか?

キャスト

佐藤明 / ファブル演じる岡田准一
ヨウコ演じる木村文乃
ミサキ演じる山本美月
フード演じる福士蒼汰
小島演じる柳楽優弥
砂川演じる向井理
コード演じる木村了
クロ演じる井之脇海
幼少期のファブル演じる南出凌嘉
貝沼エツジ演じる好井まさお
砂川の部下演じる加藤虎ノ介
松沢演じる粟島瑞丸
バーのマスター演じる六角精児
鉄板焼き屋の店長演じるモロ師岡
河合ユウキ演じる藤森慎吾(オリエンタルラジオ)
ジャッカル富岡演じる宮川大輔
田高田演じる佐藤二朗
浜田演じる光石研
海老原演じる安田顕
ボス演じる佐藤浩市

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

どんな相手も6秒以内に殺す。“ファブル(寓話)”と呼ばれるその殺し屋は、裏社会で誰もが伝説と恐れる存在だった。しかし、ちょっと仕事をし過ぎた彼に、ボスはある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ファブルは、佐藤アキラという偽名を使い、相棒のヨウコと共に生まれて初めて一般人として街に溶け込む生活を始める。

インコを飼ったり、バイトをしたり…。殺しを封じ、“普通”を満喫し始めた矢先、ファブルの命を狙う裏社会の組織や、ファブルに助けを求める者たちが次々に現れ、事態は思わぬ方向へ急発進する。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとしてファブルと呼ばれる殺し屋は裏社会でも誰もが恐れるほどの存在だった。しかしあまりにも強すぎてボスが1年間一般人として普通に暮らせ!という命令を下した事で1年間佐藤明として暮らす事になる。

パートナーのヨウコと共に生まれて初めて一般人として生活する事になったがやはり普通の生活と言うのがどういうものなのかが良くわからない。最も殺しの中で生きてきた男にとってやる事全てが規格外という事だ。

そんな佐藤明として生活する事になったファブルは普通に仕事を探そうとするが、なかなか仕事が見つからない。そんな中で出会ったミサキという女性から出版社の仕事に就く事になった。そこで普通に生活していたファブルだったが、ファブルを追っていた組織がファブルの居場所を突き止めた事で今度はミサキが人質として捕まってしまった。

ミサキを救出しようとヨウコと共に組織のアジトに乗り込むファブルは果たしてミサキを救う事ができるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、やはり伝説の殺し屋という事で殺さなくても殺人的な強さを誇るというものだ。もちろんそれだけの強さが無ければ殺しはできない訳だけれど、殺さずに相手を倒せなければこの裏社会では生きていけない訳で、ファブルにとって相手がそれほどでもなかったと言える。そんな中でファブルは普通の暮らしを経験していく事になるのだった。

総評としてアクションシーンはスタントなしという事で見どころ満載だったし、何よりもこれだけアクションができるのは岡田准一本人がアクションするだけの運動神経があるからこそである。また時代劇などでも素晴らしい殺陣を見せているだけに今後もアクションシーンなどで素晴らしい演技を見せてほしいと思います。