12月7日公開の映画「来る」を観賞した。この作品は澤村伊智原作の「ぼぎわんが、来る」を実写化した作品で得体のしれないバケモノがある家族を襲った事からその家族の娘を守るためにバケモノと対峙していくストーリーである。

日本最強の霊媒師でも苦戦するという相手に対して果たしてバケモノに勝つ事はできるのだろうか?

久しぶりのホラー作品という事でどれだけ恐怖を描けるか?というのもあるけれど、このストーリーとして考えると幸せそうな家族の中で闇を見るような流れなので、人間幸せじゃないとバケモノに襲われるという部分があるのかもしれない。

そんなバケモノと対峙する事になった者たちは果たしてこのバケモノから逃れる事ができるのだろうか?

キャスト

野崎和浩演じる岡田准一

田原秀樹演じる妻夫木聡

田原香奈演じる黒木華

田原知紗演じる志田愛珠

比嘉真琴演じる小松菜奈

津田大吾演じる青木崇高

逢坂セツ子演じる柴田理恵

高梨重明演じる太賀

店長演演じる伊集院光

比嘉琴子演じる松たか子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

幸せな新婚生活を送る田原秀樹は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め……。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして幸せな新婚生活を送る田原秀樹はイクメンとしてブログをやっている典型的な幸せそうな家族の夫を演じていた。しかし実態は何もしない夫であり、その妻田原香奈は育児ノイローゼに苦しんでいた。

そんな家族にある事態と襲う。元々田原秀樹の実家にはあるバケモノの伝説が残っており、秀樹の小さい時に女の子が行方不明になる事件も起きていた。

そんな実家に1度戻った事がこの事件の引き金になっていく訳だけれど、見えない恐怖程対処法がない訳であり、秀樹も知り合いのオカルトライターの野崎和浩を頼って霊媒師の妹である比嘉真琴にバケモノの正体を調べてもらうが、それがとんでもない相手だという事がわかりそれから秀樹はバケモノに怯える毎日を送る。

それが同僚の男性が犠牲者になったところから始まり、そしてそれが次第に秀樹に襲い掛かっていく。そしてついに秀樹はバケモノの犠牲になるのだった。

秀樹を失った妻の香奈は娘の知紗を育てるために再びパートに出る毎日になった。ずっと育児ノイローゼに悩まされていた香奈にとって知紗は重荷になっていたが、そんな香奈も次第にバケモノの餌食になっていく事になる。そしてついに香奈はバケモノに支配された知紗に殺される事になるのだった。

ずっと心配していた真琴は知紗を守るために姉の琴子にバケモノ退治を依頼する事になるが、琴子は日本最強の霊媒師としてこれまで数多くのバケモノ退治をしてきた。その手伝いに和浩に借り出される事になるのだが、バケモノの影は次第に周りの人たちを巻き込み始めていた。果たして琴子はバケモノを退治する事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、1度暴走してしまったバケモノを退治するにはそれだけの準備とそれだけの人を集めないといけないという事だ。それでもこれだけとんでもないバケモノを退治するには犠牲が伴うという事で生き残った者たちがこの事件をどう受け止めるのか?というのが最後に残った。

総評としてバケモノを退治する為にはバケモノ以上の強い相手でなければならないという事だ。そしてそのバケモノに付け入る隙を与えてしまった事がこの事件の引き金になっているだけに付け入る隙を与えない事がバケモノに襲われない術だという事を肝に銘じないといけないと感じました。








来る
ヴァリアス・アーティスト
Rambling RECORDS
2019-01-09