10月13日公開の映画「日日是好日」を観賞した。この映画は大学生から20年に渡って茶道の稽古を通じて奥の深い世界を知っていくストーリーであり。

長年の茶道の稽古を通じて何を知る事になるのだろうか?

樹木希林さんの遺作の1作となってしまった作品でありますけれど、茶道の先生を演じて茶道の先生らしさを確り見せている事そのものがさすが名女優という方でしたので本当に残念です。

そんな茶道の先生の下で茶道の世界を学んでいく女性の20年間を描かれる訳ですけれど、最初は些細な事から始めた茶道も何気なく続けていく事でこの世界の奥の深さを知っていく事になる。果たして茶道の世界の奥の深さで何を知っていくのだろうか?

キャスト

典子演じる黒木華
武田先生演じる樹木希林
美智子演じる多部未華子
田所演じる原田麻由
早苗演じる川村紗也
由美子演じる滝沢恵
ひとみ演じる山下美月
典子の母演じる郡山冬果
典子の弟演じる岡本智礼
雪野演じる鶴田真由
典子の父演じる鶴見辰吾

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

大学生の典子は、突然母親から茶道を勧められる。戸惑いながらも従姉・美智子と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさんの指導を受けることになる。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして大学生の法子は突然母親から茶道の稽古を薦められた。それを従姉・美智子と共に茶道教室で指導を受けていく事になるのだが、茶道の世界は奥が深く初心者ではなかなか理解しがたいものがある。

普通にどんな稽古でもまず基礎から入る訳だけれど、基礎から入ってもその基礎を熟練するまでにはこの世界ではかなりの年月を要する。なので稽古をさぼってしまうとその分後れを取ってしまうところだが、法子も美智子も最初の頃は全く身が入らない。

そして大学生を卒業する頃には典子はフリーで働き、美智子は商社で働き始めると共に稽古に行く時間を無くしていった。

そんな中で茶道の大きな集まりで茶道の深さを典子も美智子も知っていくが、それぞれの家庭事情が違ってくる。美智子はこの間に結婚することと成り茶道教室を止めてしまい、いつの間にか典子1人で稽古を通うようになったが、その間に色々な生徒が増えて典子の後輩も増えていった。

そんな中で家族との悲しい別れや人生の岐路に立つ事になっていく。果たして典子は茶道を通じて奥の深さに辿り着けるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、茶道の世界を極める事は容易じゃないという事を20年の歳月で描かれていった訳だけれど、茶道の奥深さは20年経ても、そして茶道の先生でも極められるものではないという事を最終的には描いている。春夏秋冬の中に茶道でも違うという事を知る事になる訳ですけれど、これで茶道の教室に通っていないと知る事ができない事は少なくないという事だ。

そんな中でも日日是好日という言葉の意味を解いていく訳ですけれど、極める為には1日1日を積み重ねないといけないという事をこの作品では描き続けるのだった。

総評として茶道の世界になかなか触れる機会が少ないので茶道の奥深さを知りには良い作品だったと思いますし、この作品を通じて茶道に興味を持つ人がいたら色々と感じてほしいと思います。