7月20日公開の映画「BLEACH」を観賞した。この映画は人気漫画「BLEACH」を実写化した作品で霊感を持つ高校生がある日突然悪霊退治をする事になり、悪霊というバケモノを倒していくストーリーである。

悪霊を倒した先にみるのは果たして何なのだろうか?

アニメでも大人気の作品だけれど、私は実はこの作品に全く縁がなくこれまで殆ど漫画もアニメも見た事がない。ある程度ストーリーは知っている感じだけれどそういう0ベースで観る事もまた大ファンと違う視点で観れるので面白さではある。

今回は高校生で霊感を持つ少年がある少女に助けられた事で死神の力を得てしまった事で悪霊退治をする事になった。果たして悪霊退治の先に何を見る事になるのか?

キャスト

黒崎一護演じる福士蒼汰

朽木ルキア演じる杉咲花

石田雨竜演じる吉沢亮

井上織姫演じる真野恵里菜

茶渡泰虎演じる小柳友

浦原喜助演じる田辺誠一

浅野啓吾演じる山田寛人

有沢たつき演じる伊藤梨沙子

黒崎遊子演じる平澤宏々路

黒崎夏梨演じる安藤美優

阿散井恋次演じる早乙女太一

朽木白哉演じるMIYAVI

黒崎真咲演じる長澤まさみ

黒崎一心演じる江口洋介

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護。ある日突然現れた死神・朽木ルキアから、死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚<ホロウ>と呼ばれる悪霊たちと戦う。


結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして霊が見える普通の高校生・黒崎一護は霊を助ける事で普通の生活を送っていたが、ある日悪霊が襲ってきた事により死神の朽木ルキアという人物と出会う事になる。当初は何が何だかわからないまま悪霊に追われてしまう一護だったが、ルキアも絶体絶命の中で一護はルキアから死神の力を得る事で悪霊を倒す事に成功する。

しかしルキアは死神の力を失い、一護もルキアに死神の力を返すだけの体力もない。仕方なく現代でルキアは一護に死神代行を命じる事になる。

死神代行というのは彷徨う悪霊を成仏させる役割なのだが、力のない一護に悪霊退治をさせる事は簡単な事ではなかった。そこから一護を鍛える事に専念する事にしたルキアは一護を徹底的に鍛える。しかし一護の前には様々な悪霊だけでなく、ルキアの行方を捜してルキアの兄らが行方を追っていた。

そして一護はかつて母親を亡くす原因となった悪霊と自ら対峙する事になる。果たして一護は因縁の悪霊を倒す事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、アクションシーンが多く見応え十分なのだが霊が見えるようになったのは母の死が無関係ではないという事だけは冒頭で描かれるので全くストーリーを知らない私でも解りやすかったし、その先にルキアを守る事に芽生えていく一護の姿があった訳だが、全ては正義感から来るものであり最終的には一護は死神代行の役割を果たしていく事になる。

総評として突然死神代行という役割を担った一護だが、元々霊が見えるという事でその能力は元から潜在能力として存在していたからこそ死神代行という役割が務められたという事だ。持っている能力を発揮する為には極めなければならないという事を上手く描いていたと思います。