5月4日公開の映画「ラプラスの魔女」を観賞した。この映画は東野圭吾原作を映画化した作品で、科学的な検証を求められた地球化学教授がある少女と出会った事からこの事件の真相解明に関わっていくストーリーである。自然現象で犯罪を証明できるのか注目される。

自然現象というのは不確定要素が含まれておりこれを確実な犯罪として認定する事は非常に難しい。その中でそれが可能なのか否なのかという事がこの事件解決のカギを握っていく訳だけれど、果たして予測だけでこの事件を解決できるのか?そしてこの事件の真相とは一体何なのだろうか?


キャスト

青江 修介演じる櫻井翔

羽原 円華演じる広瀬すず

甘粕 謙人演じる福士蒼汰

奥西 哲子演じる志田未来

水城 千佐都演じる佐藤江梨子

桐宮 玲演じるTAO

中岡 祐二演じる玉木宏

武尾 徹演じる高嶋政伸

羽原 美奈演じる檀れい

羽原 全太朗演じるリリー・フランキー

甘粕 才生演じる豊川悦司

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

初老の男性が妻と訪れた温泉地で、硫化水素中毒により死亡した。事件の担当刑事・中岡は、妻による遺産目当ての計画殺人ではないかと疑いを抱く。警察からの依頼で事故現場の調査を行った地球化学の専門家・青江修介教授は、「気象条件の安定しない屋外で、致死量の硫化水素ガスを吸引させる計画殺人は実行不可能」と断定、事件性を否定。

それから数日後。別の地方都市でも硫化水素中毒による死亡事故が発生、その被害者が前回の事故で死亡した男と顔見知りであることが判明する。青江は新たな事故現場の調査に当たるが、やはり事件性は見受けられない。行き詰る青江の前に羽原円華という女性が現れる。事件の秘密を知る人物・甘粕謙人の行方を追っているという。怪しむ青江の目の前で、円華は、これから起こる自然現象を言い当ててみせる…。


結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして初老の男性が温泉地で硫化水素中毒により死亡事件が発生した。この事件は当初遺産目当ての計画殺人ではないかと疑った警察が事故現場の調査を行った地球化学の専門家・青江修介教授に依頼した事から青江教授がこの検証をしようとするも当初は乗り気ではなかった。地球科学的な検証からもこんな場所で計画的に殺人が可能なのか?という点で疑問視するのは無理もない話だ。


しかし青江教授はある少女と出会った事でその検証に関する見方が変わってくる事になる。青江教授は羽原円華という少女と出会った事でこの事件が更に奥深い事件である事を知っていく事になる。羽原円華という少女は青江教授からみて不思議な事をいう少女にしか当初は感じていなかった。しかし発言を聞いているうちに青江教授は羽原円華の事が気になりだした。


羽原円華がいう事が何分後かにその通りになる事で想像を絶する予知力がある事を知ることになり、事件現場もある一定の時間ならこの犯行は可能という事を証明された事で自然現象で犯罪は可能だという所まで辿り着く。


しかしそんな最中で青江教授は羽原円華と共にある組織に連行される事になる。その組織とは予知力を引き出す研究をしている施設で、羽原円華はある少年と共に予知力を得る手術をしている事を知る。そしてこの事件が10年前に起きたある事件と繋がる事が判明する。そしてその先に予知力でこの事件が行われている事を掴み出すのだった。果たして青江教授はこの事件の真相に辿り着くのだろうか?


結末は劇場で観てほしいけれど、この事件が自然現象で証明できるか否かがこの事件を解決するカギとなる訳だけれど、現実に言ってしまえば確実にその時間に起きるという事を証明できるのであれば必ずしも証明できない事はない。しかしこの現象を予め知る事はかなり困難であり、相当な偶然と片付けられたとしても不思議のない事件である。この事件では予知力というキーワードが出てくるけれど人間には秘められた能力が備わっているとも言われるがその能力を発揮できる人は本当の一握りと言われるし、環境次第とも言える。その中である事件により命を助けるために予知力を発揮できる手術を受けた2人の少年、少女がこの事件に関わっていったのは過去の殺人事件があったからこそ起きてしまった悲劇の事件である。


総評として予知力で殺人事件が可能というのは予知できればという部分が強い訳だけれど、未来が見えるなら殺人事件は見える訳であり、未来が見える人なら確かに殺人は可能と言える。ただ今の科学ではそれを証明する事はまだできない。故にこの事件は事実上の未解明事件として終わる訳だが、人は予知できてしまったらその未来をどう変えようとするのだろうか?最後に残ったのは未来は知るより予想するものだという事だ。





ラプラスの魔女 (角川文庫)
東野 圭吾
KADOKAWA
2018-02-24



ラプラスの魔女
東野 圭吾
KADOKAWA/角川書店
2015-05-15



ラプラスの魔女
遠藤浩二
Rambling RECORDS
2018-04-25