3月10日公開の映画「坂道のアポロン」を観賞した。

この映画は小玉ユキの漫画を実写化した作品で長崎県を舞台にジャズに打ち込む高校生が出会い様々な葛藤を経ていく青春ストーリーである。高校時代の思い出は何年かすると忘れられない時代の1ページになる。

長崎県を舞台にした作品ははくちびるに歌を以来となるけれど、1966年頃の日本は学生運動の盛んな時代であり今では全然考えられないほどの激しい時代だった。そんな時代に突然親戚の家に預けられる事になった医者を目指していた青年がそこでジャズに夢中の青年とである事でストーリーは進行していく。この高校時代から10年後の回想となる作品だけれど10年を経てから知る真実とは一体どういうものなのだろうか?


キャスト

西見 薫演じる知念侑李

川渕 千太郎演じる中川大志

迎 律子演じる小松菜奈

深堀 百合香演じる真野恵里菜

桂木 淳一演じるディーン・フジオカ

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

医師として病院に勤める西見薫。忙しい毎日を送る薫のデスクには1枚の写真が飾られていた。笑顔で写る三人の高校生。10年前の夏、二度と戻らない、“特別なあの頃”の写真……あの夏、転校先の高校で、薫は誰もが恐れる不良・川渕千太郎と、運命的な出会いを果たす。二人は音楽で繋がれ、荒っぽい千太郎に、不思議と薫は惹かれていく。ピアノとドラムでセッションし、千太郎の幼なじみの迎律子と三人で過ごす日々。やがて薫は律子に恋心を抱くが、律子の想い人は千太郎だと知ってしまう。切ない三角関係ながら、二人で奏でる音楽はいつも最高だった。しかしそんな幸せな青春は長くは続かなかった。ある日突然、千太郎は二人の前から姿を消してしまい…。


結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして医者として病院に勤める西見薫はある一枚の写真から高校時代を回想する。高校時代に薫は長崎の親戚の家に預けられる事になりそこで高校生活を送る事になった。当初は馴染めなかった高校生活も迎律子に出会い、そして周りが恐れる川渕千太郎と出会う事で高校生活が変わっていく。


千太郎は見かけは不良だが、ジャズを愛する青年だった。あるキッカケで2人はジャズを始める事になるのだが、元々薫はピアノを弾いていただけにジャズという違ったジャンルと出会った事で少しずつ違った混ざり合う事のなかった2人が混ざり合っていく。ジャズの演奏には律子の家の地下で演奏できるという事で2人はそこで演奏する事にしていたが、そこで知ったのは千太郎の過去だった。


千太郎は元々教会に捨てられた捨て子であり、教会によって育てられたクリスチャンだった。仙太郎はその後に子供のいない家に引き取られたが、その後に多くの子供に恵まれた夫妻に子供の面倒をみる事となり自分の生い立ちでいじめられていた過去も明らかになっていく。


そんな境遇の違いを感じながらも薫は千太郎と律子と接していくが、そんな中で出会った桂木淳一は千太郎が尊敬する人で淳一から千太郎はジャズを教えてもらっていた。しかしある日海で深堀百合香という女性と出会ってから千太郎は百合香に一目惚れしてしまうが、百合香は淳一と付き合っている事を後に知る事になる。


その事実を知った薫は言えずに悩み、千太郎とギクシャクした関係になってしまい、律子との関係も悪くなってしまう。そんな中で薫と千太郎は学園祭でジャズを弾かないか?と律子の提案を受けるも2人は拒否する。しかしあるアクシデントで2人は演奏する事になりお互いのギクシャクした状況を振り払うように演奏したのだった。あるキッカケで演奏できてしまう所が音楽の良い所ではある。


そして2人は教会で再び演奏する事を約束するが、そんな時にある事故により律子は大怪我をして、千太郎は薫と律子の前から消えてしまったのだった。そして10年後ある事をキッカケに再び動き出す事になるのだった。


結末は劇場で観てほしいけれど、青春時代の1ページは誰も忘れる事の出来ないものであるけれど、薫にとってはこの時代はより特別な時代背景だったと言える。薫自身も両親の関係で不本意ながら長崎に来ることとなって本来なら馴染めないまま終わるところを千太郎、律子と出会った事で違った高校時代を送る事になった。


薫は以前からクラシックを好んでピアノを弾いていたけれど、そこでジャズと出会った事で人生観も変わっていく。そのキッカケが千太郎との出会いだった。音楽性が違うとカルチャーショックを受ける事もあるけれど、それが良い方向に動く事もある訳で薫にとっては千太郎との出会いは忘れられない1ページとなり、律子との出会いも忘れられないものになった。


10年後に再び出会う事になる3人はあの時代の事を思い浮かべながらセッションするのだった。


総評として何もない田舎町で過ごすはずだった薫の高校生活は千太郎、律子と出会った事でジャズという音楽と出会い全く異なるものになった。その経験が医者になった今に繋がっている。あの時代に何かに出会ったから人生観が変わったという事はよくあるけれど、それが衝撃的な出来事なら余計その後の人生を左右する事になる。3人が過ごした高校時代はその後の人生に大きく影響される事になったのだった。








ピアノミニアルバム 映画「坂道のアポロン」
ヤマハミュージックメディア
2018-03-09



映画「坂道のアポロン」サウンドトラック&ジャズ演奏曲集
オリジナル・サウンドトラック
アリオラジャパン
2018-03-07