9月30日公開の映画「亜人」を観賞した。

この映画は桜井画門原作の漫画を実写化した作品で亜人という殺しても死なない新人類を巡って争いとなるが、亜人とわかった1人の青年が亜人の戦いに挑んでいくストーリーである。

亜人という死なない相手に対してどうやって戦っていくのか注目したいところだ。

亜人は死なないという事でどうやって戦いのか?という事になるのだが、亜人は確かに殺しても死なないが寿命はあるので厳密にいうと老衰を迎えない限りは生き続ける存在という事だ。


生まれ持った状況から成長していく存在なので生まれた時に障がいを持っているとその障がいのまま生き続ける事になる。それに亜人は特殊能力で影を操る事できるという事でこれを使える人物はかなり限られるらしいが、生き返っても殺し続けたり縛り付けているなら死なないが、記録はそのまま残るのでその憎悪は膨らんでいくというものだ。


そういう環境も踏まえながら見ていくと亜人という存在がどんな存在なのか?がわかってくる。そんな中で亜人と判明した研修医の青年がその葛藤に苦しみながらも亜人の暴走を止めるべく立ち向かっていく。果たして亜人の暴走を止める事はできるのだろうか?


キャスト

永井圭演じる佐藤健

佐藤演じる綾野剛

田中演じる城田優

戸崎優演じる玉山鉄二

下村泉演じる川栄李奈

奥山演じる千葉雄大

高橋演じる山田裕貴

永井慧理子演じる浜辺美波

山中演じる吉行和子

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

絶対に死なない新人類、亜人。その姿は人と全く同じで、死んで初めて自分の真実を知る。病気の妹を救うために研修医となった永井圭は、ある日、事故で死亡。しかし直後、生き返る。亜人と発覚し、崩れ去る圭の人生。

国家に追われ続け、非人道的な実験のモルモットとなってしまう。そんな圭の前に突如人類に牙をむく亜人最凶のテロリスト、佐藤が現れる。自分の運命に葛藤する圭は、佐藤が描く亜人の未来に共感できないでいた。やがて始まる佐藤による衝撃の国獲りゲーム。

衝突する人類と亜人、そして亜人と亜人。“絶対に死なない男”と“絶対に死なない男”の終わることなきエンドレス・リピート・バトルが始まる。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして永井圭は亜人と判明した事で国家に拘束されて実験材料とされていた。


交通事故で目撃されるまでは本人すら亜人である事がわからないという状況で圭はその境遇を呪い始めていたが、日本で2例しか判明していない亜人の1例目の佐藤、2例目の田中が突如圭を助けに現れた。


状況を把握できずただただ逃げようとする圭だったが、佐藤と田中の考えに共感できずこの時点で敵対する事になるが、ここで圭も知らなかった自らの能力を知る事になる。普通に自ら亜人である事を知っても亜人の能力まで知っている訳じゃないからここで佐藤から亜人の能力を知る事ができた事は圭にとって大きな事だった事は間違いない。


しかしこの事により追われる身になった圭は逃げる途中で妹の慧理子と共に宛てのない逃避行をする事になった。


妹の慧理子は体が病弱であり、圭は妹の慧理子の病気を治すために医者を目指していた。慧理子は圭が亜人である事を受け止めていたが、今は逃げる事だけしか考えられなかった。


そんな中で政府も亜人対策の為にSAT部隊を投入して佐藤、田中らの亜人を倒すために立ち向かうが、佐藤、田中の連係に翻弄されSAT部隊は壊滅してしまう。それを中継で観ていた圭は佐藤、田中の暴走を止めるために自ら亜人の能力を使えるように訓練し、そして自ら亜人対策本部の戸崎優と接触して協力を申し出た。


実は政府にも亜人である護衛の女性下村泉がおり、戸崎を守っていた。タッグを組む事になった圭は佐藤が次に狙ってくるのが亜人の実験で完成した毒ガス兵器である事を知り、佐藤、田中らを迎え撃つ。そして亜人対亜人の戦いが始まった。果たして圭と佐藤の対決に決着をみる事があるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、亜人対亜人という事で決着をみる事が非常に難しい訳だけれど、そもそも亜人も甦る以外は普通の人間とそれほど大きく変わらないが、特殊能力の使い方いかんでは確かに脅威の存在になる事は間違いないという事になる。


特に亜人の特殊能力である分身は非常に脅威だ。これで多くの相手を倒せるし、戦える訳だから並の人間が立ち向かって勝てる相手じゃないというのはよくわかる。但し圭、泉のように人間側に味方する亜人もいる訳で、接し方を間違わなければ圭も泉も人間の脅威にならないという事だ。


逆に佐藤、田中のようにモルモットにしてしまった中では憎悪が増幅されてしまう為に脅威の存在になってしまう。佐藤も田中もモルモットのように扱わず人間として扱う事があればこのような事を行さなかったのではないかと感じる。人が佐藤や田中を作り出してしまった悪い事例だ。


どうして圭、泉がそうならなかったのか?というのは亜人と知るまでに人間として生きた時間があったからこそそうならなかった。ある程度人間ができ上ってしまうと多少の事があっても立ち戻れる場所があるという事だ。それが慶には慧理子だったし、泉には戸崎だった。環境が人を作るという事を知る作品だった。


総評として亜人も寿命がある同じ人間ながらも寿命を迎えるまでは何度でも甦るという特殊さ以外は普通の人間と同じだという事だ。


特殊能力も使い方さえ間違わなければ脅威にならないものであり、そう踏まえると人との接し方の重要性を感じさせる作品である。同じ亜人でも育った環境と境遇が違えばこれだけ違った道を歩んでしまう事を痛感するのであった。








映画 亜人 オリジナル・サウンドトラック
ワンミュージック
ONE MUSIC RECORDS
2017-09-29