9月2日公開の映画「トリガール!」を観賞した。この映画は毎年開催されている鳥人間コンテストを目指す大学サークルの本戦出場までの奮闘と製作を描いたストーリーである。

本番しか観る事のない私たちにとってその裏側では1年間この日の為に全力を尽くしている人達がいる事を改めて知る事になるだろう。

テレビに映らない裏側という部分に焦点を当てているけれど、今の鳥人間コンテストは今年で初めて往復40kmを達成するなどUターンをしなければならないほど高度になった大会だがそれまではただ真っすぐ何処まで飛べるか?を競っていただけに時代の進化は凄いものだ。


いずれは琵琶湖では収まらなくなるだろうという感じだけれど、それでも遠くを目指して飛ぶために青春、情熱を掛ける人たちの姿を追ったのがこの映画だ。果たして彼らは飛ぶまでどれだけ厳しい練習と日々を送っているのだろうか?


キャスト

鳥山ゆきな演じる土屋太鳳

坂場大志演じる間宮祥太朗

高橋圭演じる高杉真宙

島村和美演じる池田エライザ

古沢演じる矢本悠馬

横原演じる前原滉

メガネ女子演じる佐生雪

アナウンサー演じる羽鳥慎一

ペラ夫演じるナダル

轟二郎似の住職演じる轟二郎

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

流されて流されて、なんとなく生きてきた、鳥山ゆきな。一浪して入った理系大学では入学早々、理系のノリにカルチャーショック!そんな時、一目惚れした高橋圭先輩に「いいカラダしてるね」と殺し文句で誘われるまま、フラフラとサークルに入部。そのサークルこそ、毎年、二人乗り人力飛行機で“鳥人間コンテスト”を目指す人力飛行サークル〈T.B.T〉だった!憧れの圭先輩と二人っきりで大空にはばたくはずが…ヤンキーかぶれのくせに、メンタル最弱の坂場先輩とコンビを組むことに…。


結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして鳥人間コンテストはもう40年も開催されている大会であるが、今の大会レベルは非常に高いものとなっている。特に大学サークルの場合だと本格的な製作からパイロットまで役割がきめ細かく決まっておりその役割を確り果たすために日々製作、そして体力をつけるためのトレーニングをしていく。

その中で鳥山ゆきなは何げなく入った人力飛行サークルでパイロット候補生になった。しかしそのトレーニングは競輪選手を目指すほどのトレーニングと体力を必要とするだけあって日々のトレーニングから本当に過酷と言わざる得ない。


ただゆきなは高校時代に片道20kmも自転車通学していたので自転車をこぐ体力はかなり持っていた。私も片道10km以上の高校に自転車で通学していたのでそれだけの距離の大変さは良く知っているし、その時の体力があるからその基礎体力が体力勝負の仕事でも確りやる事ができたものだ。


そんなトレーニングし続けるゆきなだったが、この出場では2人でこぎ続ける事で距離を延ばす方向性だっただけに2人の息が合わないと飛び続ける事ができない。コンビを組む事になった坂場大志とはかなり犬猿の仲という感じでなかなか息が合わない。そして大志も前年の恐怖で飛ぶのが怖いという状況だった。そんな2人が本当に琵琶湖のてっぺんを取れるのだろうか?


結末は劇場で観てほしいけれど、本当に1年であの一瞬に賭ける為には1年間の努力の結晶がある訳でテレビでは放送されない部分では本当に厳しいトレーニングと製作がされている。その一瞬を成功させるために彼らは全力を尽くしている。途中では青春も描かれているけれど、それはそれで置いといて彼らが1年間の努力は飛び続ける事で報われるのだった。


総評として琵琶湖を飛ぶために1年間の全てを通やしている人たちの姿は本当に凄い情熱だし、これだけの情熱を持って挑まないとあれだけの距離は飛べないのだと感じる。それほど人が自力で空を飛ぶというのが憧れであるという事の証明なのだと思います。









トリガール! (角川文庫)
中村 航
KADOKAWA/角川書店
2014-06-20