7月29日公開の映画「東京喰種トーキョーグール」を観賞した。

この映画は人を食べる事でしか生きられない喰種という人間の姿をした種別が生きる為に人間と戦う姿が描かれ喰種になってしまった人間が喰種としての苦悩を味わっていくストーリーである。

種別により食べられる物も違ってくるがその違いをどう理解していくのか考えさせられる事となるだろう。

生きるものによって食べられる物が違うという以外はこの地球上では色々な生き物が生きている訳だけれど、世の中には人間しか食べられないという生き物がいるとしたらそれは人間の脅威となる訳である。

そんな人間を食べる喰種として生きる種別と喰種の臓器を移植されてしまい半喰種となってしまった人間が喰種と生きる事になった事で色々苦悩する姿が描かれていく。果たして喰種になった人間の苦悩とは何なのか?

この作品は曰く付きの作品になってしまった訳だけれど、私自身は演じる人がその時に最大のベストを尽くしたという部分で観るし、誰が出ているからと言ってこの作品を低く評価する事は作品に対して非常に失礼でありこの作品を観た上でどう感じどうすべきだったのか?を大切にしている。その点はご理解して頂きたいと思います。

キャスト

金木研演じる窪田正孝

霧嶋董香演じる清水富美加

亜門鋼太朗演じる鈴木伸之

笛口雛実演じる桜田ひより

神代利世演じる蒼井優

真戸呉緒演じる大泉洋

芳村功善演じる村井國夫

永近英良演じる小笠原海

西尾錦演じる白石隼也

笛口リョーコ演じる相田翔子

入見カヤ演じる佐々木希

嘉納明博演じる岩松了

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

人を喰らう怪人“喰種”が跋扈する東京。人間の姿をしながら人肉を喰らう正体不明の“喰種”の脅威に人々は恐れを感じていた。

読書好きの平凡な大学生・金木研は、通い詰める喫茶店「あんていく」で、自分と同じ作家の本を愛読する女性・リゼと出会い、想いを寄せる。自分の運命を大きく変えることになるとは知らずに…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして金木研は大学生で普通に生活をしていたがある日思いを寄せていた女性が人を喰らう怪物喰種である事を知り研は女性に食べられそうになってしまうが間一髪食べられずに喰種は死亡したが研は大きな重症を負ってしまいその喰種の臓器を移植するという事で命を救われたが、それは半分喰種になってしまった事を意味していた。

冒頭でも書いているけれど喰種は人を食べて生きていく種別である。人を食べないと生きていけない以上は人を食べるしかないのだが、研はどうやって喰種は生きているのかを知らない中で普通に人間として食べていた食べ物を受け付けない体となって苦悩する。それはこれまで食べれていたものが食べれないというのはそれはこれまでの生活習慣を大きく変える事を意味するものだった。

そんな状況で出会ったのが何時も行きつけの喫茶店だったあんていくという喫茶店で働いていた霧嶋董香だった。彼女は喰種として生きるが外見は普通の人間と変わらない。しかし普通にどうやって生きているのか?という点であんていくの働いている者たち全てが喰種という事実を知らされて愕然とする。そして研は喰種はコーヒーは飲む事はできるという部分で多少飢えを凌げると教えられる。

水分という点で捕球できるのが喰種にとってコーヒーだったという事だ。しかしそれも何時か限界が訪れる訳だけれど、ならどうやって人間の肉を手に入れるのか?というのが最大の謎だったが、世の中には3万人に及ぶ自殺者が日本で存在する。このあんていくの喰種はそういう自殺名所で自殺した人間の肉を手に入れていたのだった。

確かに自殺した人の肉なら元々死んだ者であるし、周りに迷惑という点では最小限に抑える事ができる訳で喰種にとって都合の良い人間ではある。

しかし喰種もそんな人間ばかり食べている訳じゃなく当然襲っている喰種もいる訳で、研はそういう襲った喰種たちとも戦う事になる。そして喰種を追う存在も当然いる訳でそういう相手とも戦う事になる。

研は半分人間、半分喰種として生きる事になった事でその間に苦悩し続けるが、それでも董香たちと接した事で生きる為にそうしている姿を観た事でこの人たちを守りたいという気持ちが芽生えた事で研は警察組織とも戦っていく。果たして研は喰種としてどう生きていく事になるのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、喰種は人を食べる以外は普通に生活している存在もいるという事だ。ただ喰種の中にも襲って生活する者がいる中で当然人間として駆除しなければならないとなって争いが起きている。その中に研は巻き込まれた訳だけれど、普通に暮らす喰種を守ろうと奮闘していく研は色々失った中でどう生きていくのか?続編があったら観てみたいところだ。

総評として喰種として生きる事になった研は人間と喰種の間で苦悩しながらも同じ生きる者として駆除する相手に対して守ろうとする気持ちに芽生えて戦う事になった。でも生きていく以上は避けられない争いになるこの戦いに終わりは来るのだろうか?研の戦いは始まったばかりだ。