7月28日公開の映画「君の膵臓をたべたい」を観賞した。

この映画は住野よるの小説を映画化した作品で、今は高校教師となった僕が高校時代に亡くなった女性を回想しながら当時彼女が何を僕に伝えようとしたのかを辿っていくストーリーである。高校時代に亡くなった女性は僕に何を伝えようとしたのだろうか?

30代となって高校時代を振り返るとあの時の人の事を時として思い出す事はあるけれど、その人が亡くなった後にその人が何を伝えようと振り返る時が時として来る訳だけれど、それが当時図書委員をした僕が図書館の解体により本を整理する事になった事で振り返っていく訳だけれど、当時の真実を知る僕と知らない周りの溝を埋めていくというのがこのストーリーの流れとなる。

果たして当時亡くなった女性は僕にそして周りに何を伝えようとしたのだろうか?

キャスト

山内桜良演じる浜辺美波

「僕」演じる北村匠海

恭子(学生時代)演じる大友花恋

一晴演じる矢本悠馬

隆弘演じる桜田通

栗山演じる森下大地

宮田一晴演じる上地雄輔

桜良の母演じる長野里美

恭子演じる北川景子

現在の「僕」演じる小栗旬

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

高校時代のクラスメイト・山内桜良の言葉をきっかけに、母校の教師となった“僕”。彼は、教え子と話すうちに、彼女と過ごした数ヶ月を思い出していく。膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、“僕”と桜良は次第に一緒に過ごすことに。だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。桜良の死から12年。結婚を目前に控えた彼女の親友・恭子もまた、“僕”と同様に、桜良と過ごした日々を思い出していた…。そして、あることをきっかけに、桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを2人は知る…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして母校の教師となった僕は高校時代に図書委員として本の整理をした経験から解体する事になった図書館の本を整理する事になった。その図書館で当時一緒に整理したクラスメイトがいた。その女性は山内桜良という人ですい臓の病気で余命数か月の命と宣告されている事をある事で知った僕は桜良が図書委員に立候補した事から数か月間彼女と過ごした記憶を思い出す。桜良とは共病文庫を通じてやり取りをした僕はそこから彼女が当時の心境を読みながら当時を振り返った。

当時の僕は友達という存在がおらずに孤独にしていた。そんな僕に桜良がちょっかいを出してきた事から関わるようになり、ある日の病院で彼女が落とした日記から彼女が余命わずかの膵臓の病気である事を知ったのだった。当時高校ではこの事実を知っているものはおらず知っていたのは僕だけだった。どうして時が経ても誰も知らずにいたのかは最後で明かされる訳だけれど、誰も知らない訳だから当然周りは誰とも関わろうとしない僕に対してどうして桜良と仲良くなったのか不思議がられたのだった。

そんなある日僕は桜良から遠出する事になりその先が何と福岡という予想外の遠出をする事になった。そこでは桜良と最後の旅行になるとは当時の僕は思いもしなかった訳だけれど、その旅行を通じて僕は桜良が最後に行きたい場所に行くという望みを叶える為にこの旅行をした事を後ほどの共病文庫に記されていた。

しかし桜良の体調は次第に悪化していき、当時この事実を知っていたのは僕だけで親友の恭子には伝えられていなかった。恭子は今は実家の花屋を手伝いながらもうすぐ同級生との結婚を控えていた。しかし恭子は結婚式当日まで桜良が病気だった事を知らずに迎える事になる。果たして僕は桜良が僕と恭子に何を伝えようとしたのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、10年以上前に亡くなった女性がどう思っていたのか?という事をある日の出来事で知っていく事は時として何年かするとない訳じゃない。私もかつて仕事をした人はどうしたのだろうか?という事を突然思い出したりもするし、色々な出来事を通じてどうしたのだろうか?と思う事は珍しくない訳である。

でも多くは忙しい中で過ぎ去ってしまうものだけれど、高校時代の出来事は意外に鮮明に覚えていたりする事はある。特に人生を変えるほどの出来事だったとすれば当然その時の記憶は年齢を重ねても忘れられないものでもある。僕の高校時代はそれだけ付き合った人が少なかったという事もあると思うけれど、その中で桜良の存在があったからその後教師にもなりそして恭子に桜良が最後に伝えたかった言葉を贈る事になるのだった。

総評として僕は桜良が残したメッセージを探すためにこの図書館を探す事になる訳だけれど、桜良が残したメッセージは未来に伝えたかったメッセージでもあり、桜良が生きられない分も僕にそして恭子に託したかったというのが残されたメッセージだった。内容は劇場で知ってほしいけれど人は誰かによって生かされている。その事に気づけるか?気づけないかはその人次第だけれどできる事なら気づけてほしいと思うし、そういう誰かがいたから今の自分があるのだと感じてほしい作品でした。

















映画「君の膵臓をたべたい」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ワーナーミュージック・ジャパン
2017-07-26