7月14日公開の映画「銀魂」を観賞した。この映画は空知英秋原作の漫画を実写化した作品で、江戸時代末期、「天人」と呼ばれる宇宙人が襲来したのちに天人と地球人が住む街となった江戸で反乱を目論む者たちと対立する事になった1人の剣士がその反乱を阻止するために立ち向かっていくストーリーである。

あらゆるところで映画の常識を超えた内容となっており、ここまではっきり開き直られるとこの作品を受け入れても良いと最後は思えてくるだろう。

原作は全く未読だし、私自身がこの作品のアニメも観た事が一切ないという中で鑑賞したので、全く知らない人がこの作品を観るとどう感じるのか?という感覚で書く事になると思う。ある程度資料を読むと色々なのを原作でパロっているという事でこの作品でもここまでパロってますか?と言うほどパロっている。そんな感覚で観る事になる訳だけれど、果たしてこの作品を観終わった時何を思うか?

キャスト

坂田銀時演じる小栗旬

志村新八演じる菅田将暉

神楽演じる橋本環奈

土方十四郎演じる柳楽優弥

沖田総悟演じる吉沢亮

村田鉄子演じる早見あかり

村田鉄矢演じる安田顕

平賀源外演じるムロツヨシ

志村妙演じる長澤まさみ

桂小太郎演じる岡田将生

エリザベスの声演じる山田孝之

定春の声演じる高橋美佳子

結野クリステル演じる古畑星夏

吉田松陽の声演じる山寺宏一

原田右之助演じる一ノ瀬ワタル

武市変平太演じる佐藤二朗

来島また子演じる菜々緒

岡田似蔵演じる新井浩文

近藤勲演じる中村勘九郎

高杉晋助演じる堂本剛

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

舞台は江戸。突如宇宙から舞い降りた天人の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時と、この男の営む万事屋でひょんなことから働くことになった志村新八と神楽。様ざまな人々と関わっていく中、かぶき町で辻斬り事件が発生し…。

結末は劇場で観てほしいけれど、今回のレビューとして地球人と宇宙人が入り混じった幕末後の江戸が舞台になっている。そこに暮らす坂田銀時は幕末の戦争を戦った伝説の剣士だった。しかし今は便利屋を営んでいたが、ある時江戸で何者かに殺される事件が頻発してその調べに江戸を駆け巡っていく。この作品では色々なパロディが出てくるけれど、これは劇場で観てほしいけれど、ここまで色々パロられるとある意味スッキリする。映画作品をパロっている場合は色々制約があるものだけれど、ここまでやっちゃいますか?という作品は私もあまりお目に掛かれない。そういう意味では色々最初から最後まで楽しめる作品ではある。そんな銀時は仲間である志村新八、神楽と共に追っていくが、その先には幕末の戦争を戦った桂小太郎、高杉晋助が絡んでいる事がわかりかつて共に戦った者たちと向き合う事になった。ここは幕末の人物とリンクさせているので話の軸はブレていない。銀時は事件を追っていく中でこの事件は高杉晋助が桂小太郎を殺害し、その上で江戸幕府を転覆させようとしている計画を知り、阻止するために立ち向かっていく。果たして銀時は晋助の野望を止める事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、色々見どころあるアクションシーンも続き、もちろんラブシーンもある訳だけれど、パロっている作品なのでそのバランスが重要になるものだが、ここまでバランスよく描かれる作品も珍しく観終わって素直に受け入れられた作品でもあった。もちろん見どころであるアクションシーンも確り描かれており観るものを飽きさせないと言えると思うし、これで終わりにならない終わり方もまた続きがあるのかもしれないと思うと次も観てみたいと思う。

総評として色々入り混じっている作品でありながらバランスよく描くという事ができたのはこの作品のポテンシャルがそれだけ高い作品だからこそだと思うし、そういう作品だからこそパロってもすんなり受け入れる事ができる作品だと思う。幕末の事さえ知っているなら十分楽しめるし、そうじゃなくても色々なキャラやセリフで楽しむ事ができる作品だと思います。