4月8日公開の映画「春夏秋冬物語」を観賞した。

この映画は人気アーティストヒルクライムの大ヒット曲

春夏秋冬をモチーフにした作品で、

東京を舞台に春夏秋冬を経ていく恋人と幼馴染との間に揺れる

彼が最終的に選ぶ女性はどちらなのか?が描かれるストーリーである。

名曲から10年の月を経て作品名が映画化される事になり

改めてヒルクライムの名曲を聴き入れる作品となっている。
デビューから10年になるヒルクライムだけれど

新潟出身で新潟を活動拠点にするアーティストとして今も活動しているけれど、

21世紀になって全国に誇れる大ヒットソングを生み出した

新潟出身のアーティストは間違いなくヒルクライムになるだろう。

新潟出身だからこそ応援したくなるし、

新潟を活動拠点にするアーティストであるからこそ、

ヒルクライムに続くアーティストが出てきている。

今の新潟の音楽シーンではヒルクライムに

全国最強ご当地アイドルNegicco、そしてAKBグループのNGT48になる。

他にも色々なアイドルやアーティストがいるけれど、

全国的知名度という点ではこの3グループになる。

そんな今回の作品は2016年12月11日に開催された

東京ドームシティのライブコンサートを軸にしたストーリーになる。

果たして春夏秋冬を経て出す結論はどういう結論なのだろうか?

キャスト

板垣修二演じる葉山奨之

高木美由演じる山崎紘菜

中山美麗演じる小池由

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

舞台は東京。24歳デザイナーを目指す美由、

夢を追い続け苦悩する美由を支える幼なじみの修二。

そんな修二には年上の彼女美麗がいた。

彼女との生活を大切にしつつも、美由のことが気になる修二。

そんな時、美由に思いがけない事件が起きる。

そして、美麗からも決断を迫られることに。

交差する3人の想い、修二の選ぶ決断は……

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして2016年12月11日に開催された

ヒルクライムのコンサートに行くという流れで

これまでの修二と美由との幼馴染のすれ違いが描かれていく訳だけれど、

ストーリーのメインはあくまでヒルクライムのライブコンサートなので

ヒルクライムのベスト10の曲と共に描かれていく。

ストーリーの軸は修二と美由が上京する事を決めたシーンから

社会人となって苦悩しながらそれぞれ生活している姿が描かれていくんだけれど、

社会人になってしまうと学生時代の恋人とはどうしても別れてしまうものであるし、

卒業後に続く人って同じ地域に住んでいないと難しいと思うんですよね。

いくらLINEなどのSNSが普通になったとしても実際に会えるか?会えないか?

でかなり違いますからね。

そんな2人は卒業後に別々の道を歩んでいる。

修二は4年付き合う年上の彼女がいる。

一方美由はデザインの仕事をしているがなかなか仕事は上手くいかない。

そんな中でヒルクライムのヒット曲と共に2人の関係は流れていく訳だけれど、

この作品はヒルクライムのヒット曲が見事にマッチしており、

曲を聴きながら2人の関係が描かれていく事で2人の気持ちに入りやすくなっている。

そして修二にとって選ばなければならない時が来るんだけれど、

これまで付き合った4年間の恋人なのか?

それとも昔からの幼馴染の美由なのか?

修二が最後に選ぶ選択とは?

結末は劇場で観てほしいけれど、

ストーリーとしては本当に個人的に好きな流れだし、

最後に選ぶのはやはりこの人だという気持ちまでに

行くにはそれなりの時間が必要だというのはわかっているので

この選択に悔いはないと思うよ。

そしてそのストーリーを演出したヒルクライムのヒット曲の数々は

やはり名曲ぞろいなのだと再確認させてくれた。

総評としてヒルクライムのヒット曲に乗せながら描かれたストーリーは

本当に春夏秋冬を経て出された結論なのだと思うし、

何よりもそれを演出したヒルクライムのヒット曲の数々は本当に聴き応えがあった。

個人的には1番好きな曲は?と問われると実は春夏秋冬よりも大丈夫なんですよね。

実は今1番自分の言い聞かさなければならない言葉なのだと思うし、

これは今多くの人に贈りたい1曲だと思う。

春夏秋冬を経て結ばれた2人は大丈夫!

この名曲は次の世代にも受け継がれるよ必ず!

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

BEST 2006-2016(初回限定盤)(DVD付)
ヒルクライム
ユニバーサル ミュージック
2017-04-05



Hilcrhyme 10th Anniversary FILM「PARALLEL WORLD」(初回限定盤) [DVD]
ヒルクライム
ユニバーサル ミュージック
2017-01-04



春夏秋冬
Universal Music LLC
2009-09-30