12月3日公開の映画「古都」を鑑賞した。

この映画は原作川端康成の原作古都を現代版として描いた作品で

京都で生き別れになった双子の姉妹の子供がそれぞれの人生の岐路に立った中で

母親として娘を見守るストーリーである。

人生の岐路に立った時母親はどう娘を見守るのか?

そして娘たちはどう選択するのだろうか?
時代背景を現代にして描いた作品であるけれど、

その時代しか描けない作品もあれば現代を舞台にして描ける作品もある。

この川端康成原作の過去何度も描かれている作品だけれど、

この現代版は原作の主人公の千重子と苗子の

20年後の娘たちが描かれる作品となっている。

確かにその時代だけの娘を描くだけでなくその後を

描かれる事も時としてあっても良いと思うけれど、

原作者は既に亡くなっておりもし原作者が存命だったら

どんな作品として描いたのだろうか?というのはある。

それはもうわかりかねないのだけれど、

その中で千重子と苗子にも子供が生まれ成長した2人の娘の人生の岐路に立った時

母親としてそして娘としてどう向き合うのかが描かれる。

果たして娘は母親の人生をどう受け止めて自身は

どう人生の選択肢をする事になるのだろうか?

キャスト

佐田千重子/中田苗子演じる松雪泰子

佐田舞演じる橋本愛

中田結衣演じる成海璃子

水木真太郎演じる葉山奨之

佐田竜助演じる伊原剛志

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

京都、室町。家業の呉服店を継いでおよそ20年にわたって切り盛りするも、

職人の相次ぐ廃業などに時代の変化を感じる佐田千重子。

彼女は、そうした状況下で大学生の娘・舞に店を継がせてよいものかと思い悩む。

一方、千重子と生き別れた双子の妹で林業を営む中田苗子も経営難に苦しんでいた。

さらにパリで美術を学ぶ娘・結衣が自分には才能がないと感じ落ち込んでいるのを知り、

苗子はパリへ飛ぶ。

また、舞も日本文化を紹介するイベントに参加しようとパリに向かっていた。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして千重子は呉服屋を継いで20年の月日が経過していた。

娘も大学を卒業して就職活動をする年齢になっていた。

一方苗子も林業を営むも後継者不足で経営で苦しんでいた。

伝統を受け継ぐことが近年難しくなっているだけに

後継者不足はどの業界も同じではある。

そんな中で千重子は娘の舞に苦労させまいと

同じ業界へ就職させようとコネ入社で就職を斡旋する。

一方苗子の娘結衣はパリで美術を学んでいる。

しかし舞は親に決められたレールに苦しみ、結衣は才能がない事に悩んでいた。

そんな中で千重子、苗子は向き合っていくのだけれど、

舞はこのまま親に決められたレールを歩む事に抵抗を覚えて反抗する。

その中で舞は日本舞踊を通じてこれまで見た事のない世界を体感する機会を得る事で

パリへ向かう事になるのだが、親が決めたレールってある意味苦しいんですよね。

自分で決めたくてもこの年齢だと自分で決められない人って少なくないと思いますし、

色々悩むものです。

私もかつては通った道なのでその道に対して

今こういうシーンを観るとこの世代はそういう壁に当たるのだと感じます。

そして結衣もまた自分の才能のなさに先が見えなくなりますが、

この世代って自分の才能はあると思っていると

現実に直面した時にその現実にぶつかってしまうものなんですよね。

その才能を知った上で現実では生きていかなければならないものなんですよね。

そんな娘を見守る千重子と苗子もまた

かつて自分が通ってきた道を振り返るのだった。

そして舞はパリで日本舞踊を披露する事になるのだが、

果たして舞はそして結衣はパリで何を知り何を見つけるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

千重子と苗子が通ってきた道を娘たちが通る時になった時に

それぞれがこれまでの人生を振り返って何を伝えられるのか?

というのがこの作品のテーマではあった。

舞も結衣も母親の過去を聞かされてはいるものの

それは母親のこれまでの人生であり、

娘たちはそれぞれ違う人生を歩んでいくものである。

その中で娘たちは母親が歩んだ人生を知りながら自分はどう歩めばよいのか?

というのを見つめていく。

自分は何ができるのか?

自分は何を目指すのか?

そのやりたい事を見つけられた時に2人の運命が近づく事になるのだった。

総評としてそれぞれ歩んだ道を娘たちが歩んだ時に

どう向き合うべきなのか母親となって悩み

そして助言してあげらえる事が何なのか?

というのはこのストーリーでは描かれた。

これは親になれば誰もが通る道であり、向き合う事になる。

それぞれが親となり子供の人生をどう考えてあげるかは

人それぞれだけれど親としては子供には自分がやりたい事を

やらせてあげたい人生を歩ませたいという気持ちがあると思う。

もちろん家業を継ぐことが宿命された人もいるけれど、

人生を決めるのは誰もが自分自身であること!

そして現実をいかにして受け止めるのかを示した作品でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

古都 (新潮文庫)
川端 康成
新潮社
1968-08-27



古都 [Blu-ray]
実川延若, 岸恵子, 三浦友和 山口百恵
ホリプロ
2015-02-02



古都
山口百恵
2013-11-26



ドラマスペシャル 古都 [DVD]
上戸彩
ポニーキャニオン
2005-07-06



古都
川端康成
新潮社
2013-06-14