8月6日公開の映画「 秘密THE TOP SECRET」を鑑賞した。

この作品は最新科学を駆使して死者の脳の記憶を読み取る事が

できる技術を用いた捜査方法を司る部署が

迷宮入りの事件に挑んでいくストーリーである。

この能力を得るためには想像以上の精神力を

持たなければならない事を知る事になるだろう。
また1か月もレビュー滞納してしましましたが、

このストーリーは死者の記憶を読み取れる技術を用いているものの、

その受け皿が人間であるというのが1つのポイントである。

この技術によって確かに証拠を探していくには良いのかもしれないけれど、

その反面精神障害をきたしてしまうほど精神的に強い人間でなければならない。

そうでなければ犯人に精神をズタズタにされてしまう訳だ。

そんな中である事件を追う事になった。

その事件の先に何を観るのだろうか?

キャスト

薪剛演じる生田斗真

青木一行演じる岡田将生

貝沼清孝演じる吉川晃司

鈴木克洋演じる松坂桃李

露口絹子演じる 織田梨沙

今井孝史演じる大倉孝二

天地奈々子演じる木南晴夏

岡部靖文演じる 平山祐介

山路清演じる三浦誠己

田中真一演じる泉澤祐希

平井学演じる望月歩

司法浪人生演じる前野朋哉

浅野諮問委員長演じる小市慢太郎

三好雪子演じる栗山千明

露口浩一演じる椎名桔平

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

最先端の科学技術を駆使し、死んだ人間の脳から、

“過去の記憶を映像化”できるMRIスキャナーが発明された。

それを事件の捜査に導入したのが、まだ警察庁の正式機関として認められていない、

科学警察研究所法医第九研究室、通称「第九」。

宇宙ステーションなみの施設を備え、天才エリートだけが集うMRI捜査組織。

秘密保護法の下、迷宮入りとなった猟奇事件を

“死亡した被害者の記憶”をたどり捜査を進めていく。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして最先端の科学技術で死んだ人間の脳を読み取れる技術を

映像化できるようになったものの、

その記憶を読み取れるのが人間の脳というのはある意味科学の進歩でも

難しい側面があるのかもしれないという事ではあるが、

それにより知り得る情報は格段に増えたのも事実だ。

そんな中で起きた事件の記憶により精神障害を起こした者も多くいる。

その中で生き残った薪剛は第九のトップとして迷宮入りとなった猟奇事件を追うのだが、

その事件は様々な謎が多く存在していた。

そのために記憶をたどる訳だけれど、

そこで起きた出来事はあまりにも猟奇的であり、

普通の感覚ではまず理解不能である。

その中で次々と家族を殺した男が死刑となった。

当初はどうしてそのような殺人を犯したのか解明できなかったが、

スキャンした結果犯人は死刑になった本人ではなかったという事だ。

事件の先に一体何を観るのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

事件の内容が衝撃過ぎるので具体的な事は避けるけれど、

犯人の記憶を観れるという事はそれだけで事件の詳細を知る事ができるという事だ。

それによりこれまで知られなかった経緯を知る事も可能になった訳で、

それにより視点も変わってくる。

ここで登場した1人の娘が猟奇事件のカギを握っているのだが、

人に付け込むという心理的な行動は男を虜にしてしまったというしかないのだが、

誰かを求めているのを知られてしまった故に悲劇の事件という事だ。

人には知られたくない事もある。

でも知られたらそのままではいられないのが現実だったりする。

その先には悲劇の結末が待っていたのだった。

総評としてあまり深く書けなかったものの

秘密を知るというのはそれだけ見てはならない事を知るという事だ。

それがどんなに衝撃的な事でも受け止める精神力がなければならないという事だ。

秘密の先に事件の鍵がある。

そのカギはパンドラの箱を開ける事になるという事を忘れてはならない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。