6月18日公開の映画「貞子vs伽椰子」4DXを鑑賞した。

この映画はリングシリーズの山村貞子と呪怨シリーズの佐伯伽椰子が

それぞれの呪いを通じて対決する事になるストーリーである。

果たして2人が対決した場合どちらが

最強のホラーの称号を得る事になるのか見逃せない。
これまでそれぞれのシリーズで数多く恐怖を見せてきた2人が

直接対決するという事でやはりどちらが強いのか?という事になる。

もちろん勝敗が付かないケースも想定するが、

この2人が対峙する事そのものがかなり禁断の一手ではある。

それぞれ貞子の呪い、伽椰子の呪いに呪われた2人の運命はいかに?

キャスト

倉橋有里演じる山本美月

高木鈴花演じる玉城ティナ

上野夏美演じる佐津川愛美

珠緒演じる菊地麻衣

高木史子演じる田中美里

森繁新一演じる甲本雅裕

常盤経蔵演じる安藤政信

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

貞子の呪いのビデオを偶然手にしてしまった有里と夏美。

偶然家族と共に呪いの家の隣に引っ越してきた鈴花。

絡みつく長い髪、蔦の絡む不気味な家、

真夜中の井戸、伽椰子の奇声、迫り来る貞子……。

“呪いのビデオ”と“呪いの家”、

2つの呪いが激突する先には何が待ち受けているのか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとしてこれはある日突然訪れた。

今の時代呪いのビデオのビデオテープの時代は終わり、

既に古くてもDVD、殆どが配信になった時代に

ビデオデッキで亡くなる不可思議な事件が起きる。

その中でビデオデッキの呪いのビデオを手にしてしまった

有里と夏美は助かる方法を探す。

これら色々な方法が提示されているものの結局助からないんですけれどね。

いきなり結論を出しても仕方ないのでこれまでの方法ではない方法を探していく事になるが、

貞子の呪いは尽く阻止しようとした人物を葬り去る。

それを見た経蔵はある方法を提示する。

それはバケモノにはバケモノをぶつける策を立案する。

これまで逃れる方法を考えてきたが、

これを同じ強さを持つ相手同士で潰し合うという方法で解決しようとした。

その対抗相手として選ばれたのが伽椰子だった。

私は呪怨シリーズを1度も鑑賞したことないんですよね。

歴史の長いシリーズのくせにしてどういう訳か

これまで1度も鑑賞していないので実は呪怨シリーズは全くわかりません。

ただ相当強いのは知っています。

そんな伽椰子に取りつかれたもう1人は高校生の鈴花だった。

有里と鈴花は果たして貞子と伽椰子から逃れることができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、確かに貞子も伽椰子も強かった。

でもこの出会いはある意味同じ境遇を経験した者同士を

逆に融合させてしまうという最悪な方向に向かわせてしまうのですが、

今回は4DXで鑑賞と今年になって4DXは3作品鑑賞しておりますが、

ホラーは4DXで観ると座席が動くので恐怖心を煽ってくれるので

これはこれでよいと思います。雨も降るし、風も吹く、揺れる。

これだと眠っていられないですからね。

総評として貞子と伽椰子は解り合ってしまった事で

さらに強いホラーモンスターになってしまった。

逆にこれでどうやって貞子を止めるのか難しくしてしまった以上

今後貞子を倒すためにどうしていくのか?

逆に注目してしまうのだが、バケモノにはバケモノという手段は

貞子に相性の悪い相手以外に通用しないのかもしれない。

果たして貞子と伽椰子に対して相性の悪いバケモノは誰なのか?

この2人を止める術はあるのか?

貞子の動向から目が離せない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。










呪いのシャ・ナ・ナ・ナ / GOBLIN'S SCALE
聖飢魔II
アリオラジャパン
2016-06-15