5月7日公開の映画「64-ロクヨン-前編」を鑑賞した。

この作品は1989年1月1日〜7日のわずか7日間に起きた

昭和64年の誘拐殺人事件を15年後の事項目前にした中で

再びこの事件と刑事が向き合って事件解決へ動こうとするストーリーである。

この事件の真実に果たして辿り着く事ができるのだろうか?
昭和64年はわずか7日間しかなかった訳だけれど、

昭和に生まれた人なら通過した時代でもある。

私は中学生の時だったけれど昭和天皇が崩御された事で

翌日すべての会社学校が休みになった記憶がある程度だ。

いずれは今の平成天皇が崩御された時には迎える事になるけれど、

この7日間に起きた事件は未解決のまま15年の月日が経た2002年というのが設定である。

64時代の事件としては実際に起きた幼女誘拐殺人事件を思い出すものだけれど

この事件の真相を15年の月日を経て解決させようとするのだから難題である。

事件が再び注目されそして事件解決への序章となる

前編で一体15年前に何があったのだろうか?

キャスト

三上 義信演じる佐藤浩市

諏訪 演じる綾野剛

美雲演じる榮倉奈々

三上 美那子演じる夏川結衣

目崎 正人 演じる緒形直人

日吉 浩一郎演じる窪田正孝

手嶋演じる坂口健太郎

柿沼演じる筒井道隆

村串 みずき演じる鶴田真由

望月演じる赤井英和

漆原演じる菅田俊

蔵前演じる金井勇太

御倉演じる小澤征悦

石井演じる菅原大吉

落合演じる 柄本佑

三上 あゆみ演じる芳根京子

日吉 雅恵演じる烏丸せつこ

辻内 欣司演じる椎名桔平

赤間演じる滝藤賢一

荒木田演じる奥田瑛二

二渡 真治演じる仲村トオル

幸田 一樹演じる吉岡秀隆

秋川演じる瑛太

雨宮 芳男演じる永瀬正敏

松岡 勝俊演じる三浦友和

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

D県にて発生した、通称「ロクヨン事件」。

昭和64年に起きた少女誘拐殺人事件を指し、未解決のままだった。

ロクヨン事件から14年の月日が流れた平成14年、

警察庁長官による、ロクヨン事件の現場慰問が行われることになった。

それを受けてD県警では、被害者の父である雨宮と慰問に関する交渉が進められていた。

担当するD県警警務部広報官の三上は、

警察庁長官の慰問を受け入れて欲しいと依頼するが、

警察を信用していない雨宮は、それを固辞する。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして昭和64年に少女誘拐殺人事件が発生し、

この事件は未解決のまま15年の時効を迎えようとしていた。

今の時代はこういう事件の時効は無くなった訳だけれど、当時は15年の時効があった。

その直前となった2002年12月に事件は大きく動き出していく事になる。

当時担当刑事だった現在広報官の三上は広報官としてマスコミとの対峙をする毎日だった。

そんな中である事件の匿名報道をしなければならなくなり苦慮する。

一方で警察庁長官が慰問する事になり未解決事件である

64事件に焦点が当たる事になり被害者遺族で

ある男性と久しぶりに面会しそこで再び当時の事を聞き出そうとするが、

警察内部で何かを隠蔽しようとする動きを察知する。

そして三上は広報官という刑事でない立場でありながら

この事件に再び関わっていく事になる。

三上は当時刑事としてこの事件に関わっていた。

当初は犯人からの身代金要求に応えて犯人の要求通りに

身代金を運ぶ被害者男性の後を追跡していたが

犯人を検挙する事ができず誘拐された娘は遺体で

発見されるという結末を迎えていたのだった。

当時は携帯電話がほとんど普及しておらず

公衆電話から身代金の場所を指定するという

本来なら公衆電話の場合電話番号を知るのは

そういう関係を知るものでないといない訳だが

この時点でかなり巧妙な手口である事は言うまでもない。

そしてこの事件には数々の失態が明らかになっていく。

その失態が隠蔽された訳だ。

仮に隠蔽されなかったとしてもこの事件が解決していたかは別問題であるんだけれど、

こういう失態に対する隠蔽体質が警察の信用を失っている事と

それにマスコミが反応して責め立てる構図になってしまっていた。

その橋渡し役となっていた三上は組織の中でもがき苦しんでいるのが前編である。

三上はこのマスコミとの対峙を亡くす為に公表するつもりは

なかったある事件を公表しようとする。

これによりマスコミと警察との間の関係を改善しようと奔走していく訳だけれど、

その中で再び64事件が大きく動き出していくのだった。

これが後編に繋がっていく訳だけれど、

警察の隠蔽体質を露呈したのが前編であり、

数々の失態を隠そうとした警察の体制に問題がある。

それを改善しようとする立場もさらに大変な訳だけれど、

それを改善するためにはお互いの信頼関係が必要である。

三上はマスコミとの間の関係修復に努めていくのだった。

事件の結末は後編で明らかにされる訳だけれど、

果たして64事件の犯人は誰なのか?

そしてその動機は何だったのだろうか?

事件の真相から目が離せない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

64(ロクヨン) 上 (文春文庫)
横山 秀夫
文藝春秋
2015-02-06



64(ロクヨン)
横山 秀夫
文藝春秋
2012-10



64 ロクヨン ブルーレイBOX [Blu-ray]
ピエール瀧
NHKエンタープライズ
2016-03-25