4月29日公開の映画「ちはやふる [下の句]」を鑑賞した。

この映画はかるたに青春を賭けた少女のストーリーの続編で

幼馴染との再会で最強のかるたクイーンを知る事になった

千早は最強のクイーンを倒すために猛特訓を目指して練習し全国大会を戦う。

果たして千早は全国大会で最強クイーンを倒す事ができるのだろうか?
前編では高校に入学した千早がかるた部を創設して

幼馴染の太一と共に全国大会を目指して戦っていく姿が描かれていた。

今回は幼馴染である新と会うために福井へ向かうが、

そこで千早と太一は新がかるたを辞めた事知る。

そんな中で千早と同じ年の最強クイーンを知り打倒クイーンを目指していくのだが、

その最強クイーンは実は新の親戚だとは知らない。

そして始まった全国大会で千早たちに待ち受ける相手とは?レビューしたい。

ストーリー

綾瀬千早と真島太一は、福井に幼なじみの綿谷新を訪ね、久しぶりに再会する。

そこでかるたをやめると言う新の言葉を聞き、

千早は自分が新のために全国大会で勝ち抜くことを決意。

そんな中、千早は若宮詩暢という同い年の“最強のクイーン”の存在を知り、

彼女に勝つために特訓を開始する。

しかしそれは団体戦での優勝を目指すチームワークを乱すものだった。

そんな千早に、太一は「お前はもう帰ってくるな」と厳しい言葉を掛け…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして千早と太一は全国大会出場を決めて

幼馴染の新と再会するために福井へ向かった。

しかしそこで再会した新だったが、祖父の死でかるたを辞めている事を知り、

千早は愕然とする。

そして太一もまた千早に思いを寄せる故に新と距離ができてしまう。

そんな中全国大会を目指していく訳だけれど、

そこで千早は同じ年の全国最強クイーン若宮詩暢の存在を知る。

かるたを知る者ならその強さは最強というほど強い相手だ。

しかし詩暢は実は新の親戚である事はこの時点では千早も太一も知らない。

そして打倒クイーンしか見えなくなった千早は太一から戦力外通告を受けてしまう。

チームかるたを戦う上で個人戦だけでは対応が難しいという事だ。

そんな中で千早は全国大会を目指して戦った高校の相手から

全国大会で戦うための資料を受け取る事になる。

そして再びかるた部に復帰した千早は全国大会で戦うために京都へ向かうが、

そこで千早は思わぬアクシデントに見舞われる事になる。

果たして千早は全国大会を勝ち抜く事ができるのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

千早が大きな挫折を味わう事になる下の句はある意味

その先にあるクイーンとの対決へ向けた序章であるので、

実際にはここで大きな挫折がその後の千早の成長に繋がっていくのだと思う。

その間に太一と新との関係も描かれていく訳だけれど、

その間に戦力として厳しかった奏と西田が大きく成長する姿も描かれており

このかるた部にとっても大きな成長を観る事ができたストーリーでもあった。

やはり成長していく過程で大きな挫折があって栄光があるという事を

踏まえると今回の下の句は挫折というテーマがぴったりな作品だった。

総評として続編が決まりその先に再び打倒クイーンを目指していく

千早の姿も描かれていく訳だけれど、

成長と共に周りとの関係も変わっていく姿が今後楽しみな展開だ。

挫折を味わった千早は全国大会で優勝する姿を観る事ができるのだろうか?

続編に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。







映画『ちはやふる』オリジナル・サウンドトラック
横山克
ユニバーサル ミュージック
2016-04-06