2月14日公開の映画「娚の一生」を鑑賞した。

この映画は亡くなった祖母の実家に戻った恋に疲れた女性が

そこに現れた祖母の教え子と同居生活をすることになり、

そこで共に暮らしていくという事と生きて行く事の大切さを知っていくストーリーである。

年齢差がある2人が結婚まで辿り着く事になるストーリーに

人生どこでどう転ぶのかわからないものだと感じる事になるだろう。
人生50を過ぎるとさすがに結婚する事は難しくなるものだけれど、

そんな男に結婚するチャンスが巡ってきたというのがこのストーリーのお話である。

とはいえその出会いは奇妙な出会いでもあるんだけれど、

ある女性の祖母の教え子として亡くなった祖母から合鍵を預かっていたという事と

自由に使って良いという遺言を受けていた事もある意味驚きの展開だけれど、

そんな中で同居生活を送る事になった50過ぎの男性と30前の女性が

どうして結婚へ繋がっていったのだろうか?レビューしていきたい。

キャスト

堂薗つぐみ演じる榮倉奈々

海江田醇演じる豊川悦司

中川俊夫演じる向井理

秋本岬演じる安藤サクラ

園田哲志演じる前野朋哉

友生貴広演じる落合モトキ

今日子演じる根岸季衣

小夜子演じる濱田マリ

民夫演じる徳井優

坂田佳代演じる木野花

女性秘書演じる美波

富岡春美演じる岩佐真悠子

信夫演じる坂口健太郎

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

東京で働いていた堂薗つぐみは、田舎の祖母の家で暮らし始める。

祖母が亡くなりひとりぼっちになったある日、

祖母の家の離れから大学教授だという海江田醇が現れる。

彼はかつての祖母の教え子で、

いつでも好きに使っていいと離れの鍵を預かっているという。

強引に離れで暮らし始めた海江田は、やがてつぐみと母屋で一緒に食事をするように。

そして自分を大切にしていないと叱られたつぐみは、

海江田を男として意識し始めるのだった…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして堂薗つぐみの祖母が亡くなり

1人となったところに突然海江田醇という祖母の教え子だった

50過ぎの男がやってきて祖母から預かっていた合鍵があるという事で

はなれで住みついて奇妙な同居生活が始まる。

当然困惑するつぐみだったが、何も言えずそのまま受け入れるしかなかった。

それはどうして?というところから始まる訳だけれど、

確かにこの話の中で祖母と海江田さんが関係あったのが

20年以上前なので当時10歳以下だったつぐみにはわからない事ではある。

そんな海江田がどうしてここに現れたのかは正直わからないところではあるんだけれど、

ストーリーが進むにつれて次第にその理由がわかってくるように感じてくる。

そんな奇妙な同居生活は当然近所の人たちには奇妙に移り、驚きを受ける。

まあ無理もないが突然50過ぎの男が30近い女性と同居する事

そのものがどうなっている?ということになるからね。

そんな中で始まった同居生活はそれぞれの役割を決めながら生活して行く事になる。

海江田は大学教授という事で夏休み期間にここで仕事をしながらということらしい。

一方つぐみは都会でIT企業に勤めていたが不倫に疲れ、

都会に疲れて故郷に戻ってきたのだった。

そういう生活ばかりしていたために疲れてしまったのはある意味理解するし、

不倫した事を後悔しているつぐみがそこにいた。

そしてつぐみは海江田と同居生活する事になる。

そこで海江田が練習と思って私に恋してみなさいという事を言われ逆に困惑してしまう。

そんな中でつぐみは海江田との生活に慣れてきた頃に

親戚の子供が突然訪れてきて母親と連絡が取れずに暮らす事になった。

ある意味3人とも他人でありながら家族のような生活をすることになるのだけれど、

つぐみにとって家族での生活というのはあまり経験が無く、

海江田もまた複雑な家庭に育った事もあり家族の温かさを知らずに育っている。

そんな境遇の3人が1週間という短い期間ながら

それぞれ家族で暮らすという事の意味を知っていく事になる。

海江田は家族の形に拘った事もあるんだけれど、

そんな中で暮らして家族で暮らす事の良さをつぐみは

次第に理解してきた事により海江田とつぐみの距離が縮まっていく。

しかしある日海江田は突然姿を消したのだった。

果たして海江田は再び戻ってくるのだろうか?

そしてつぐみはどんな決断を下すのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

家族というものを知らない者たちが集まって家族とは

こういうものだという事がキッカケで海江田とつぐみは

結婚を決意して行く訳だけれど、

そういう経験をした後では不倫相手だった人が突然現れても

簡単には気持ちは変わらないものだろうし、

何より同居生活で1人で生きるよりも誰かと生きた方が

色々な事で困らないというのがつぐみにとっても感じ取った事だろうと思う。

1番大きかったのは親戚の子供と3人で過ごした1週間が

1番つぐみが海江田と結婚を決意した要因だと思うけれど、

年齢差があっても共に生きて行くという気持ちが固まれば

年齢差は関係なく乗り越えて行く事ができるものだという事を

このストーリーでは示してくれたと思う。

総評として50過ぎの男と30前の女が結婚して行くという事を描かれたけれど、

共に生きる上で年齢差は正直関係ないものなのかもしれないという事を

この作品では描かれている。

確かに近年年齢差ある人が結婚する事も珍しくなくなったし、

高齢になっても結婚するケースも少なくない。

それでもこういう共に暮らす経験を経て結婚に至る事は経験上必要なのかもしれないし、

何よりそれぞれの良さ、悪さを知った上で結婚しないと後で色々と揉めるのも事実である。

それでも1番結婚する決め手はこの人なら頼りにできるという人が

1番なのだという事を感じさせてくれた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




映画『娚の一生』サウンド・トラック
オリジナル・サウンドトラック
SMAR
2015-02-11






娚の一生 (小学館文庫)
高瀬 ゆのか
小学館
2015-01-05