1月31日公開の映画「マエストロ!」を鑑賞した。

この映画は解散した交響楽団がある指揮者によって再結成する事になるも

主力は引き抜かれ素人も入る中で練習する事になったが、

指揮者の指導の下で次第に1つになり再び演奏する事になっていくストーリーである。

交響楽団の活動にはスポンサーがいなければ成り立たないが、

いかに交響楽団が本番で阿吽の呼吸で演奏する事が難しいのかを知り、

そして最後には大きな感動に包まれる事になるだろう。
資金難で解散した交響楽団が再結成して再起を目指していくのだけれど、

その結成の経緯は当初はわからずに集まり、

そこから練習を始めて行く訳だけれど、

それぞれの楽器にはそれぞれのパートがあり、

その楽器によって全ての流れが決まると言っても過言じゃない訳だけれど、

これだけの多くのメンバーは当然周りのタイミングを計りながら演奏する訳だけれど、

それをコントロールするのが指揮者である。

その指揮者については当初は謎とされていた。

それでも只者じゃない事だけは長年演奏しているメンバーは十分感じていた。

そんな中で当初は呼吸が合わず不穏な空気が流れるも次第にどうして結成され、

どうして演奏するのかを理解して行く事になる。

果たして交響楽団は再び観客の中で演奏し

スタンディングオベーションを受ける事ができるのだろうか?

キャスト

香坂真一演じる松坂桃李

天道徹三郎演じる西田敏行

橘あまね演じるmiwa

榊涼子演じる河井青葉

村上伊佐夫演じる大石吾朗

谷ゆきえ演じる濱田マリ

阿久津健太郎演じる古舘寛治

今泉徹演じる池田鉄洋

鈴木稔演じるモロ師岡

一丁田薫演じる斎藤暁

島岡脩三演じる嶋田久作

可部直人演じる 村杉蝉之介

伊丹秀佳演じる小林且弥

丹下浩演じる中村倫也

相馬宏明演じる松重豊

他多数のキャストでストーリーが進行する。

ストーリー

不況のあおりで解散を余儀なくされた中央交響楽団のメンバーに、

オーケストラ再結成の案内が届く。

しかし、揃ったのは再就職先の決まらない負け組楽団員ばかり。

1ヶ月後に公演が決まっているが、練習場は廃工場、

指揮者の天道徹三郎は経歴も素性も不明。

とにかく練習が始まるが、天道はすぐに乱暴な言動で皆から嫌われるようになる。

公演を目指し、コンサートマスターのバイオリニスト・香坂真一は

なんとか団員をまとめようとするのだが…。

結末は劇場で観てほしいけれど、

今回のレビューとして布教の影響で解散した中央交響楽団が

再びオーケストラを再結成する事になったという案内が届く。

そこでコンサートマスターの香坂真一は再び中央交響楽団で

オーケストラがやれる事を嬉しく思っていた。

しかし実際に集まった場所はある廃工場の中であり、

そこに集まったのは次の行き先の決まらない楽団員ばかりだった。

当然そんなメンバーばかりなので演奏の質が落ちるのは言うまでもなかったが、

その中には楽団員じゃない素人も加わるほどだった。

しかもそこに現れたのが天道徹三郎という指揮者経験はあるようだが

経歴も素性もわからない人物だった。

当初は誰もがこの人が指揮者なのか?

と疑ったが演奏を始めると只者じゃない事だけは誰もがわかった。

とにかく練習から非常に厳しい指導でポジションを

交代させられるなど波乱含みの状況になった。

そして集まったメンバーで色々と話をするが誰も天道の事を知る者はいなかった。

そこに天道に言われてメンバーに案内した素人の女性橘あまねが

天道から言われて案内を出していた事を告げられますます謎が深まる。

あまねは劇団経験はなかったものの、

そのフロートから奏でられるハーモニーはポジションが

メインになるだけのハーモニーだという事はメンバーも納得した。

一度解散しているのでオーディションを受けるという状況に無くあまねのような人物でも

入り易い環境ではあった。

そんな中で香坂は色々調べるうちに天道が

かつて自分の父と共に演奏しようとしていた事を知り、その経緯を調べ始める。

そして香坂はかつて自ら体験した演奏の音色を思い出し始めていた。

それは香坂が求めている音であり、その音の記憶だけは忘れていなかった。

そして辿り着いたのはかつて天道は素晴らしい指揮者だったという事だった。

ある事件から指揮者として一線を退いていたが

長い月日を経て天道は指揮者として復帰する。

そして迎えた本番の日練習に練習を重ねたメンバーは

再びオーケストラとしてステージに立つのだった。

しかしそのステージにはある理由がある事をメンバーは後々知るのだった。

果たして天道はどうして指揮者として復帰を決意し

この交響楽団を再結成したのだろうか?

結末は劇場で観てほしいけれど、

1度解散してしまうとどうしても元メンバーが戻る事はまずないのが殆どだ。

実力あるメンバーは他の楽団に引き抜かれる訳であり、

残るメンバーはある意味控えだけだ。

控えメンバーも含めて公演するだけの質に持っていく事は本当に容易じゃない。

その中で厳しい指導を受けながらも根拠ある指摘をする天道は

本当に素晴らしい指揮者だという事が描かれていく。

一度自信を失ったメンバーも多く、

その再生に天道が厳しいながらも次第に天道の指導によりメンバーは

自信を取り戻していく姿は負け組の再生と言うべき姿だ。

そしてあまねを選んだのも自身の経験を1番良くわかる人物だったからでもあり、

もちろんそこに納得させるだけの演奏ができるというものがあったからだ。

そして香坂もまた天道がいたから音楽を目指していた事に気づかされる。

そしてその理由を知った事で香坂は絶対にこのコンサートを成功させようと心に誓った。

2公演行われるスケジュールになっていた訳だけれど、

1公演は満員の観客の前で最高の演奏でスタンディングオベーションを受ける事になるが、

もう1公演は本当に特別な人のための演奏と知り、

その演奏で彼らの持てる力をすべて出し切る素晴らしい演奏を披露する事になった。

総評として負け組を再生させ、

自らの希望で2公演する事を決意した天道の想いは楽団メンバー全員に伝わった。

それだからこそ最高の演奏ができたと思うし、

知ったからこそその人のために演奏できた。

誰のために演奏する事は実は簡単ではないけれど、

その人の想いを知った時最高の交響曲を奏でられるのだと感じました。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




小説 マエストロ! (双葉文庫)
さそう あきら
双葉社
2014-12-11