8日NGT48を運営していた運営会社AKS(現ヴァーナロッサム)はNGT48元メンバー山口真帆さんへの暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン2人に3千万円の損害賠償を求めた訴訟は8日、新潟地裁でで和解し、事実上の勝訴を勝ち取った。

この裁判はNGT48元メンバー山口真帆さんへの暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン2人が事件に他のNGTメンバーが関与しているような供述があり、それを元メンバーの山口真帆さんが世間に公表して大騒動となった事が発端だった。

裁判では山口真帆さんへの暴行容疑で逮捕され不起訴となった男性ファン2人への供述が本当なのかが焦点として争われ、裁判を経過するうちに山口真帆さんへ話した事は虚偽だった事を裁判所の供述調書で明らかとしており、これに裁判所が事件に他のNGTメンバーが関与していない事を認定した事によりこれ以上裁判を継続するのは無意味と和解を提示し和解条項は「被告側からの謝罪文と損害賠償金数百万円の支払い」とし事実上の勝訴となった。

これでNGT48はメンバーの無実を裁判所が認めた事になりメンバーの無実が晴れる事になったがリスタートの道は容易ではない。









ようやく裁判が結審し和解という形になったものの、裁判では若いというのは原告側の勝訴にあたり、裁判所も和解条項は「被告側からの謝罪文と損害賠償金数百万円の支払い」と明示している以上は判決になったとしてもそれ相応の判決が提示されたという事だ。

原告側の場合は裁判に勝訴もしくは和解が勝訴となるのは弁護士からしたら当然であり、この裁判がメンバーの無実を証明する為に起こした裁判だったという事だった。お金よりもメンバーの無実を勝ち取れた事は本当に大きい。

裁判の中では被告側が当初の証言の中で暴行はなかったとし争うという事でどうなるのか?と感じたが被告側の供述調書では山口真帆さんとの繋がりをバレない為にそういう事をスタッフや元メンバーに話したという事を供述調書で触れていた。

裁判で虚偽の供述をすれば罰せられる対象となる為に裁判所はこの供述を事実と認定し、メンバーの事件関与は一切なかったという事を裁判所が認定した事で事件は結審した。

ただお金で人気メンバーが決まってしまうというシステムについてはAKBグループとして見直していかなければならない部分である事件であり、そういう長年問題視されてきたシステムにより起きてしまった事件だという事を忘れてはならない。

今後はお金ではなくいかに多くの人に支持されるのかを人気のバロメーターにして行かないといけないという事は肝に銘じてほしい。

この事件の教訓としてはそれ以上に被害者である山口真帆さんが被告の話した事をそのまま述べてしまった事も騒動を大きくしたという事だ。本来事件って起きた状況を話すまでに留めなければならない。しかし犯人が本当か嘘かわからない状況でそれを公にした事は彼女に責任がないとは言い難い状況にした事は間違いなく大きなミスだ。

それに乗っかってしまった人たちも被害者が言った事は本当と信じ込んでしまったという事実が残った訳で被害者の話した事をベースにメンバー叩き及び殺人予告をした事に対しては許されるべき事ではないし、裁判所がメンバーの無実を認めた以上はそういう人たちにも当然法的処置をする事になるだろうから覚悟しておいた方が良い。

最後にメンバーの1年5か月に渡った苦しい時は裁判所のメンバーの関与はなかったという事で無実が証明された事はメンバーにとって非常に大きい事である。

芸能活動の中で色々な暗黙なルールがあり、それに対して暗黙のルール違反をしてしまった事については反省すればよいが、これだけ苦しい状況を踏まえればもう十分処分の必要はない。

また再び信頼を取り戻す事は容易ではないが真剣に向き合っていけばわかってくれる人たちには絶対にわかってくれるので全力で活動をしてほしいと思います。