3日2018ユーキャン新語・流行語大賞が発表され、今年の大賞に平昌五輪で女子カーリング日本代表が用いて話題になった「そだねー」が大賞に選ばれた。

その他ベスト10には

今年より正式に設立された大会が多く話題になったゲームによるスポーツの「eスポーツ」

サッカーロシアW杯でFW大迫勇也選手が活躍し大迫選手が活躍する時に用いられる「(大迫)半端ないって」

ドラマおっさんずラブでおっさん同士の純愛を描いた「おっさんずラブ」


裁量労働制に関する国会審議の中で加藤勝信厚生労働大臣が行った、論点をすり替えたのらりくらりとした答弁をさして広まった言葉「ご飯論法」

今年猛烈な暑さを表現した「災害級の暑さ」

山口県周防大島町で行方不明だった2歳児を発見、救出した大分県の尾畠春夫さんの行動を現した「スーパーボランティア」

ボクシング前会長山根明氏が出身の奈良県に有利に判定させようとした「奈良判定」

NHKの番組『チコちゃんに叱られる!』でチコちゃんが決め台詞「ボーっと生きてんじゃねーよ!」


アメリカの大物プロデューサーによるセクハラ行為に抗議した時に用いられた「#MeToo」

が選ばれた。

これで平成最後の流行語大賞はそだねーの1年で幕を閉じた。

まさかの翔タイムが落選するとは予想外でしたが、大賞はある意味納得で1番親しみやすい言葉が選ばれたのは良かったと思います。北海道のなまった言葉がそうさせましたが、方言によってはこれまでの受賞した言葉もありましたのでそだねージャパンの活躍は本当に感動した1年でした。

(大迫)半端ないっては元々サッカーサポーターの間では当たり前の言葉だったのでこの言葉が初めて使われたのは10年前だった訳で当時発した対戦相手の主将は今は銀行員なのでこの受賞は当時の気持ちを発した本人への受賞ですね。

おっさんずラブは今年のドラマで予想以上に注目されたキーワードだっただけにこれによって俳優田中圭さんが再ブレイクするという事で田中圭さんはいい作品に巡り合いました。

スーパーボランティアというのはボランティアをする人にとっては当然の事をしている意識があるのでこれはスーパーにしないでほしいとは思います。

チコちゃんに叱られる!はNHKの朝の再放送で話題らしいのでこれは紅白で楽しみです。

まさかのベスト10入りとなった奈良判定は奈良県の人は抗議するんじゃないか?と一抹の不安があるのですけれどどうなのでしょうか?

この1年色々な言葉が生まれた1年でしたが平成最後を締めくくりにそだねーで終われましたね。

新たなる年号になった最初の流行語は何になるのか?楽しみです。