1日2016ユーキャン新語・流行語大賞が発表され、

今年は大賞に広島の鈴木誠也外野手の神がかりな活躍を

緒方孝市監督が「神ってる」と言った言葉が大賞に選ばれた。

その他にもSNSなどや映画、ゲームなど舞台を訪れる「聖地巡礼」

アメリカ大統領のロナルド・トランプの当選で現象となった「トランプ現象」

金融政策の「マイナス金利」

センテンススプリングのゲスノートを連発で代名詞なった「ゲス不倫」

SNSのつぶやきで広まった保育園に入園できない事を嘆いた「保育園落ちた日本死ね」

豊洲問題の代名詞となった「盛り土」

世界的な空前のブームとなり社会現象となった「ポケモンGO」

サッカーインテルの長友佑都が女優平愛梨に公開プロポーズした言葉「アモーレ」

まさかまさかの世界的大ヒットソングとなった「PPAP」

が選ばれた。

これで2016年の1年は凄い神っていた1年が揃った感じだ。
まず「神ってる」は今年の広島は本当に神っていた1年だった訳で

その意味では大賞に相応しいし、1番揉めない言葉だったと思います。

個人的には大谷投手の活躍が神ってるでしたけれどね。

ここで君の名は。やシン・ゴジラの映画関連がないのは

タイトルより現象をとらえようという事で聖地巡礼が選ばれた感じです。

映画の舞台が空前の大ブームになるなど地方にとっても良かった1年だったと思います。

ゲームでポケモンGOが入りましたけれど、

これは本当に色々な意味で善し悪しがありましたが

次の時代のゲームの分岐点だったのではと思います。

アモーレはこの発言をした時から今年の流行語大賞決まり!

なんて言われましたし多くの方々が祝福した言葉として相応しい受賞でした。

夫はイタリアでしたので、妻愛梨の初仕事と言った方がよろしいと思います。

PPAPはこんなソングが世界的大ヒットというのは

もうこれまでの音楽関係者は唖然としたでしょうね。

それ位神っていた大ヒットでした。

あとはセンテンススプリングのゲスノートですね。

今年これで何人失脚したか・・・

考えただけでもセンテンススプリング旋風は凄かったです。

残る政治関連はある意味問題ばかりだったと締めくくります。

来年はどんな流行語が出てくるのか?

楽しみですね。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。