2日警視庁はプロ野球埼玉西武、巨人、オリックスで活躍した

清原和博容疑者を覚せい剤取締法違反(所持)で現行犯逮捕した事を発表した。

清原容疑者は1986年にドラフト1位で西武に入団し

11年間活躍後FAで巨人に移籍してその後オリックスで現役生活に幕を下ろした。

現役時代はサヨナラホームランプロ野球記録を樹立するなど

タイトルこそ無縁だったがファンの熱くする選手だった。

しかし現役引退後は色々とトラブル続きで

センテンススプリングこと週刊文春の記事で薬物疑惑を報じられていた。

これで清原容疑者の人生は終了し再びセンテンススプリングの波乱が巻き起こった。
私自身これまで色々なトラブルでも彼の行動については庇ってきたが

薬物をやっていたとなればその時点でレッドカードを出すしかない。

現役時代はいい思い出をたくさん見せてくれた選手だっただけにただただ残念である。

人はどうしてこんなに転落してしまうのかという典型になってしまったが

もう私の中で清原和博という人は2016年2月2日に亡くなった。

今後彼の事を触れる事はないと思います。

これも私の区切り!

レッドカードを出したという意思表示です。

しかしセンテンススプリングの波乱は止まらない!止まらない!

次は誰のクビが飛ぶのか?という感じですが、

これが本当なら次はあのべつに・・・になるんでしょうね。

そうなると当然1番クビが飛びそうなのは某テレビ局の社長になるのかもしれません。

さすがにお蔵入り後の不祥事となればただでは済まないでしょうからね。

センテンススプリングの暴走は止まらないのでしょうか?

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。