11日ドラマ「〇〇妻」第9話を視聴した。

今回はニュースライフを休養している正純を吹っ切るように仕事に励むひかりだったが、

どうしてもニュースライフが気になるが正純は復帰できずにいた。

そんな中正純はニュースライフの降板を迫られていた。

正純は抵抗するも、復帰条件が現行通り読むという条件に正純は反発する。

その夜に愛が正純の下を訪れ説得するも、

そこで愛が怪我をしてしまいひかりの病院に駆け込む。

そこを見られた正純とひかりはあるブログに

その事と過去のひかりの事を書き込まれ拡散されたのだった。

ニュースライフの直前でその事を知った正純は番組から降ろされそのまま降板となった。

そしてひかりもまた病院でその事を知られていられなくなり

千春と共に郡山へ行く事になったが、

その直前で大輝と成美から電話が掛かってきて

正純が外国へ行く事を告げられるとマンションに駆けつけるもそこには正純がおり、

ひかりは正純から6年前に渡せなかった婚約指輪を渡されるシーンがメインだった。

ストーリー

ひかりは、「ニュースライフ」を休んで弱気になった正純を叱咤し、愛に正純を任せる。

彼女は、正純への思いを吹っ切るように看護師の仕事に打ち込むのだった。

正純は番組に復帰するため、「ニュースライフ」のスタジオへ向かった。

しかし、板垣はテレビ局上層部の決定に従い、正純を降板させるつもりだった。

正純は、復帰させてほしいと土下座して懇願。

板垣は正純の復帰を認める代わりに、

番組では正純が自分の意見を言わずに

スタッフの考えた原稿を読むという条件を突き付ける。

怒りを覚える正純だったが、

キャスターを続けるためにあきらめずに戦うというひかりとの約束を守るため、

その条件を受け入れる。

そんな中、愛は正純の家を訪ね、正純宛ての手紙を開けようとして指にケガをしてしまう。

手紙にはカミソリが仕込まれていた。

正純は愛をひかりが勤める病院に連れて行き、処置をしてもらう。

愛から正純の苦しい立場を聞いたひかりは、正純を心配する。

正純はひかりに、どうしたらいいのかと助けを求めるが、

ひかりは「自分で決めてください」と突き放すのだった。

愛のケガにより、正純と愛の交際を板垣ら番組スタッフが知ることに。

これ以上問題を起こしたくない板垣は、正純に降板を言い渡す。

さらに、正純のプライベートを暴くブログがネット上で拡散。

そのブログには、ひかりの過去も書かれていた。

番組を降板し、私生活までさらされた正純は、すべてを失う。

一方、ひかりは、千春とともに東京を離れようとしていた…。

以上日テレ〇〇妻HPより


今回はひかりは正純の事を忘れるかのように看護師の仕事に集中していた。

それでも千春にニュースライフを見せられるとその時の事を思い出すのだった。

そして正純は番組の降板を迫られていた。

正純にとっては何としても番組を降りないつもりだったが、

スポンサーや上層部の意向は無視できず、板垣からある条件を突きつけられる。

それは原稿通りニュースを読む事だった。

さすがにそれでは久保田正純ではなくなったしまうという事で

1日考えさせてくれと正純は話した。

その夜正純は愛から説得を受けるも、

その時に手紙に入っていたカッターの刃で怪我をしてひかりの病院に駆け込むと、

そこでひかりと正純が話していた姿を目撃した患者に

その一部始終を撮られた事でひかりの過去が拡散されてしまう。

それを知った板垣はこれ以上は無理と正純の降板を決めたのだった。

そして正純は全てを失い外国へ行って再起を図る事にした。

一方ひかりも病院でそこ事を書いた患者に責め立てられるも、

そこで千春が庇った事でひかりは救われる。

人は何を持って書くか?という事だが、

事件の経緯などを確り把握しないで書くような人ほど

こういう事件はお前が悪いと言うものだ。

それを鵜呑みにする烏合の衆もまた同じものだ。

病院にいられなくなったひかりは千春と共に故郷の郡山へ行く事にした。

しかしその直前に大輝と成美から正純の事を聞かされ、

駆けつけるひかりはそこで正純から6年前に渡せなかった婚約指輪を渡され、

ひかりは正純の覚悟にはいと返事したのだった。

全てを失ったからこそその気持ちに返事ができたと言える。

次回はようやく幸せを掴めたひかりと正純だったが、

ある事件に巻き込まれひかりは意識不明の重体となる。

果たして正純はひかりに何ができるのだろうか?

その結末に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

至上の人生
椎名林檎
ユニバーサル ミュージック
2015-02-25