25日ドラマ「〇〇妻」第7話を視聴した。

今回はひかりが正純の下から去って縁を切ろうとするも正純の事を忘れられない。

一方正純もひかりがいなくなった事でこれまでのコメントができず

ひかりの存在の大きさを痛感する。

一方でひかりの事を気に掛けていたのが実結だった事に驚きを感じるが、

実結は自分の境遇を思えばひかりは正純と出会えた事で

救いがある事を伝えるが今のひかりには届かない。

一方正純はひかりとの離婚を発表するようにテレビ局から迫られていた。

そしてそんな中で愛が正純に久保田正純でなければ

自分自身が悲しいと迫った事で正純は愛の言葉を受け入れる。

その場で隠れていたひかりは直接現場を見てしまった事でショックを受けて

トラックに飛び込もうとしたシーンがメインだった。
ストーリー

正純に別れを告げ、彼の前から姿を消したひかり。

正純からの着信を拒否し、きっぱり縁を切ろうと決めたはずなのに、

彼女は夜10時になると条件反射でテレビを点けて「ニュースライフ」を見てしまうのだった。

正純は、ひかりと連絡がとれなくなり、気がかりで仕方なかった。

正純から、ひかりが家を出ていったことを聞かされた板垣は、

マスコミに向けて離婚を発表してほしいと頼む。

正純は板垣の申し出に反発を覚えるが、拒絶することもできない。

行き場を失ったひかりは、どうしていいか分からなくなっていた。

そんな中、実結がひかりに電話をかけてくる。

ひかりは実結に「連れて行きたい所がある」と言われてついていく。

実結は、ひかりを苦しみから救うつもりだった。

しかし、ひかりは実結と行動をともにして彼女の苦悩を知ることになる。

一方、正純は、ひかりが出ていってから仕事に身が入らない。

番組での彼のコメントはキレを失っていた。

視聴率を気にする板垣は、打開策が欲しいと言い出す。

正純は、生放送で東京の街中に出向いていろんな人に質問し、話を聞くという企画を提案。

しかし、想定外のことが起こるのを恐れる板垣は、

誰とどんな話をするかをあらかじめ決めた台本に従って取材してほしいと正純に言う。

正純は納得できなかったが、板垣に従うことに。

正純は自分の仕事に自信をなくし、ヤケになっていた。

実結の部屋に泊めてもらうことになったひかりは、テレビで正純の様子を見て心配になる。

実結に背中を押され、正純と向き合おうとするひかり。

しかし、またしても、ひかりを絶望させる出来事が起こり…。

以上日テレ〇〇妻HPより


今回はひかりが正純の下を去ってからのお話だけれど、

去ってもひかりは正純さんのニュースライフは気になっている。

愛した人なのでそれは去ってもその想いは変わらないと思うが、

やはり事が事だけにひかりが去ったのは間違いではないとは思う。

正純が平凡な一般人ならそれもとは思うけれど

やはりキャスターという著名人である以上は

結婚する事で報道の仕事ができなくなるのはわかっている。

故にこれまでひかりは契約に拘ってきた訳だけれど、

正純もひかりが去った後でこれまでの言葉がひかりによって

もたらされていた事を痛感してしまう。

まあこれまでひかりが正純にアドバイスを行ってきただけに

こういう時にひかりの存在の大きさを知る訳だけれど、

自分の言葉で何かを伝えるという事がいかに難しいのかという事だ。

それは自分の言葉を貫く難しさであり、

それは批判を甘んじて受け入れる気持ちが無ければならない。

そう考えれば正純がこれまで述べた言葉全てがひかりの言葉だったという事だ。

今回の正純が生中継で台本を読んでインタビューをしているシーンを観た時に

自分の言葉で述べる正純さんが好きだった訳であり、

それが自分で言葉にするより正純さんが言葉にする事で自分への救いの言葉にしていた。

しかしそれを気づかずに正純は愛の捨身の告白により

受け入れてしまった事でひかりはショックを受ける。

ショックを受けたひかりは死のうと決意するが・・・

次回はある人物に救われたひかりはそこからどう立ち直ろうとするのか?

そして母親千春とどう向き合うのか?

そして正純と再び再会するのだろうか?

ある人物に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




至上の人生
椎名林檎
ユニバーサル ミュージック
2015-02-25