18日ドラマ「〇〇妻」第6話を視聴した。

今回はひかりの過去を知った正純はひかりとどう接して良いのか思い悩む。

そんな中でも正純はひかりとの結婚を決意し婚姻届けを渡す。

ひかりも1度サインをして役所に届けようとするが直前で出せずじまいになる。

一方正純はこの悩みでキャスターとしての切れを失っていた。

それを愛に知られてしまい正純はますます思い悩む。

そんな事を察したひかりは正純との別れを決意し、

その直後正純にはひかりが

かつて保護責任者遺棄致死の過去をスタッフたちが知るところとなり、

正純は降板を言い出すもそれを愛が止める発言を行うが、

その頃ひかりは正純のマンションを出て正純に別れの電話をしたシーンがメインだった。
ストーリー

18歳で出産し、その子供を育児放棄で死なせてしまった過去を正純に打ち明けたひかり。

衝撃の告白から一夜明けて、ひかりは正純から「正式に結婚しよう」と婚姻届を渡される。

正純があっさりと受け入れてくれたことで、ひかりがずっと抱えていた悩みは解決された。

やっと幸せを手に入れたはずなのに、戸惑いを覚えるひかり。

彼女は婚姻届に署名し、役所に提出しようとするが…。

ひかりの前では平静を装うものの、

正純はひかりの過去の重さを受け止めきれていなかった。

彼は、ひかりの起こした事件について調べ、ひかりの告白が事実だと確認する。

もしも自分の妻が子供を死なせた過去があると世間に知られれば、

ニュースキャスターを続けるのは難しい。

正純は、どうしていいか分からず頭を抱える。

そんな中、正純は、育児放棄した母親のニュースの扱い方で板垣と言い争いになり、

「ニュースライフ」を降りると言ってしまう。

生放送目前、正純の爆弾発言にスタッフは混乱。

愛は正純に、どうしても番組を降りるならひかりが起こした事件のことをバラすと言う。

彼女は、正純がひかりの事件について調べているのを知っていた。

翌日、ひかりは、愛に呼び出される。

愛から、正純が番組スタッフの前で「ニュースライフ」を降りると

言い出したことを聞かされたひかりは、正純の苦しみを察する。

そして、正純を救うために、ある行動を起こし…。

以上日テレ〇〇妻HPより


今回はひかりが正純に自らの過去を語った事で

正純はどう受け止めて良いのか思い悩んでいた。

無理もない話だがかつて保護責任者遺棄致死で

少年院に入ったという事そのものが

まず自らの仕事とリンクしているだけに

自らの仕事とひかりの事でこれまで伝えてきた事が伝えられるかという事もあった。

確かにこれまでDVに関するコメントをしてきた正純にとって

ひかりが保護責任者遺棄致死の過去があった事は

ある意味愛する人だからとしてもこれまでの発言全てを否定しかねないものだった。

それでも正純はひかりを受け止め婚姻届をひかりに渡して

ひかりもまたサインするが婚姻届は出せなかった。

これを出していたらさらに大変な事になっていた訳ですけれど、

どんな理由でも許されないというのは確かにその通りではあるんだけれど、

これはまず事件の事情をよく理解し、

その上で語らないといけない事を正純も感じた事だろうと思うし、

観ている側もひかりが全て悪いと言い切れるだろうか?という事になる。

1人で全てをやらなければならないという事がどれだけ大変な事だろうか?

そしてこの状況に陥ったのは誰に原因があるだろうか?

少なくてもこの事件についてはひかりだけが全ての責任を背負うものじゃないとは思うし、

この原因になった元凶を理解しなければ語れない。

どんな事件でも起きる要因はある。

もちろん身勝手もある。

しかしこの事件はひかりの身勝手で起きたものだとは言い切れるだろうか?

この事件について正純はこの事件に至った原因をキャスターとして

語らなければならないのではないかとも感じる。

しかし世間一般は正純が入籍しようとしている相手が

そういう人であるとなれば当然キャスターは降板させるだろうし、

世間一般は言いたい放題で非難するだろう。

そんな中でもスタッフ全員が正純を守れるだろうか?

そして正純はひかりを守れるだろうか?

そんな答えは殆どは守れないという結論に達するケースが殆どだ。

それを解っていた故にひかりは正純の下を去る決断を下すしかなかったし、

正純を愛しているからこその決断だったというべきところだ。

次回はそんなひかりは正純のニュースライフがそれでも気になって仕方ない。

正純もひかりを失って光が見えなくなっていた。

果たしてひかりは正純に再び光を照らす事ができるのだろうか?

その行動に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。




至上の人生
椎名林檎
ユニバーサル ミュージック
2015-02-25