4日ドラマ「〇〇妻」第4話を視聴した。

今回は酔った勢いで正純は愛にひかりとは契約妻だという事を言ってしまう。

そんな中でひかりはこれまで通りの振る舞いを見せるが逆に正純は荒れるだけだった。

そんな中正純の父作太郎はひかりに自分と同じようだと意味深な事を語る。

そんな中で正純は愛との2ショットを週刊誌に撮られてしまい謝罪する事になった。

そして翌日愛はひかりの前に現れ正純を好きになったらどうします?

とひかりに問うがひかりはその時は正純をよろしくお願いしますと語り愛は驚く。

そして正純は強行手段に打って出るも拒絶され愛の元へ走る。

そんな直後ひかりはかつて殺人を犯した事を作太郎に語るシーンがメインだった。
ストーリー

酔った勢いでひかりが契約妻であることを愛に話してしまった正純。

その晩、彼は、愛の家で一夜を明かした。朝帰りをした正純を、ひかりは黙って迎える。

ひかり以外の人間を受け入れようとしない作太郎のために、

ひかりは作太郎の入院する病院に通って面倒を見ていた。

作太郎は、正純ら家族の誰にも言えない秘密をひかりにだけ打ち明けていた。

なぜ自分に秘密を打ち明けてくれたのかと作太郎に尋ねるひかり。

作太郎は、ひかりが自分と同じように

誰にも言えない苦しみを抱えていると思ったからだと答える。

愛は「契約結婚についてもっと知りたい」と正純に頼む。

正純と愛は、再び二人きりで飲みに行く。

その様子が写真週刊誌に撮られ、スキャンダルに発展してしまう。

正純は、生放送で何もなかったと釈明。

番組降板の危機に陥った愛をかばう。

次第に正純に惹かれていく愛。

彼女は、ひかりに会いに行き、ひかりの思いを知りたい正純の苦しみをひかりに訴える。

しかし、ひかりは、何も言おうとしない。

愛は、自分が正純と結婚してもいいのかと迫る。

すると、ひかりは、正純がいいならそれでいいと答えるのだった。

一方、正純は、ひかりが何を考えているか分からず、いら立ちが頂点に。

そして「契約結婚をやめるために子供を作ろう」と言い出し、強引にひかりを押し倒す…。

以上日テレ〇〇妻HPより


今回は正純は酔った状況で愛のマンションに止まってしまった。

その為愛にひかりとは契約妻だという事を知られてしまう。

まあさすがにこの状況で誰にも言えないような状況を言ってしまうのが酒の勢いですね。

そんな中でもひかりはこれまで通り契約通りの妻を務める。

まあ正純にとってはどうして契約に拘るのかわからない訳だけれど、

今回の流れで考えると少なくてもひかりは正純との夜の営みを拒否している訳で、

拒否する理由が間違いなくある訳だ。

その中で1番考えられるのは何か?

と考えると最後で殺人と語ったが、殺人だけで拒否する理由なのか?

と問われるとこれは人間の本能上考えづらいところだが、

有り得るとすれば1つしかない。

それは戸籍が女じゃないという事だ。

ひかりは性同一性障害なのだと感じる。

これならいくら正純がひかりと結婚しようとしても土台無理な訳だけれど、

日本の法律上同性結婚は認められていないので

そのまま結婚しようとすれば間違いなく役所でその事実が判明する。

それをひかりがわかっているから絶対サインしないと見る方が自然かもしれない。

そこに壮絶な経験をしているのは間違いないと思うのだが、

確かに正純がそれが事実だと知ったらさすがに考えるとは思うのですが・・・

それにしてもネットカフェを借り切って

あれだけ情報を流すタイピングの素早さは何なんでしょうという感じです。

次回はひかりは殺人の事や壮絶な過去を語るのだろうか?

ひかりの過去が気になった仕方ない。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

至上の人生
椎名林檎
ユニバーサル ミュージック
2015-02-25