28日ドラマ「〇〇妻」第3話を視聴した。

今回は引き続き3年契約を交わした正純とひかりだったが、

以前のようにひかりに接する事ができない。

そんな中で正純は仕事に集中力を無くして行き、

父親作太郎に対する恨みが爆発して作太郎に詰め寄るが、

作太郎はひかりにしか心を開かない。

そんななか本番直前に正純が行方不明になるも

ひかりが過去に行った場所を思い出して正純をテレビ局へ連れて行ったが、

正純にひかりは劇薬をお見舞いし、

正純は何とか放送をやり遂げたシーンがメインだった。
ストーリー

引き続き、ひかりとの契約結婚に同意した正純。

しかし、ひかりと正純の夫婦生活は微妙に歯車が狂い始めていた。

ひかりが契約結婚にこだわる理由が彼女の過去にあるのでは、

と疑う正純は、今まで通りにひかりと接することができない。

仕事にも集中できず、荒れた気持ちのまま「ニュースライフ」の放送に臨む正純。

番組アシスタントの愛は、正純の異変に気付き、心配して声をかける。

正純は、愛を誘い、二人きりで飲みに行く。

正純はひどく酔っ払い、妻として完璧なひかりと

暮らすことがプレッシャーになっていると愛に打ち明けるのだった。

そんな中、病院でこん睡状態だった作太郎が意識を取り戻す。

しかし、容体は予断を許さず、またこん睡状態になる可能性もあった。

さらに作太郎は、ひかり以外の人間とは話したくないと言い、

すべてひかりに任せたいと言い出す。

それを知った正純は激怒し、借金を作ったり暴力を振るって

家族を苦しめてきた作太郎に対する長年の恨みをぶつける。

すると、作太郎はひかりに耳打ち。

ひかりの口から伝えられた作太郎の言葉は「お前らは何も分かっていない」という一言だった。

正純は作太郎の真意が分からず、ひかりを問い詰める。

ひかりは何か知っているようだったが、作太郎と約束したから何も言えないという。

正純の怒りはひかりに向かい、思わず彼女に手を上げようとする。

ひかりと正純の気持ちは、すれ違うばかり。

そして、正純は「ニュースライフ」の本番が近付いても

テレビ局に現れず行方不明。ひかりは必死に正純を探し…。

以上日テレ〇〇妻HPより


今回はひかりと3年契約を交わした正純だったが、これまでと同じ接し方ができない。

まあ無理もないけれど、あくまで契約に拘るのはひかりの過去にあるのは間違いないが、

今回はここで千春がひかりの母親だという事がハッキリするけれど、

この2人が血が繋がっているのかいないのかは正直まだ判明しないが、

態度を見る限りひかりには別の人格が存在しているようだ。

現実問題作太郎の事故が逆に怪しい限りなんだけれど、

ここでわからないのは作太郎がひかりにしか口を開かないという展開だ。

一体ひかりは作太郎に何をしたのかは今後明らかになるだろうが、

少なくてもひかりにはもうひとりのヒカリがいる事は間違いなさそうだ。

そんな中で正純は自暴自棄となりとてもキャスターを務められる状況じゃない。

そんな正純にひかりはとっておきの劇薬を注入するのだった。

まああれはさすがに目が覚めるでしょうけれど、

劇薬の効果が無くなると全く動けなくなるからね。

そんな劇薬効果もあり、正純は何とか最後まで情熱的にやり遂げたのだった。

しかしそれは正純にとって恐怖の序曲のはじまりだったのかもしれない。

次回はそんな正純は同じアシスタントの愛と一夜を共にしてしまう。

そんな正純はついにひかりに対して強硬手段に打って出る。

果たしてひかりは正純を受け入れるのだろうか?

その攻防に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

至上の人生
椎名林檎
ユニバーサル ミュージック
2015-02-25