2日ドラマ「ラヴソング」第4話を視聴した。

今回はさくらに歌手のスカウトが来た。

それは広平がかつて仕事をしたことのあるレコード会社だった。

この話をさくらにするとさくらは喜んで一度話を聞く事にする。

そしてその女性水原亜矢はさくらの歌声に惚れ込んだ。

吃音というハンディがある事を承知しながら一度紹介する事を決意する。

一方その直後にプロデューサーと面会した広平は

かつてデビューした時のプロデューサーでさくらから

手を引く事が条件と広平が関わると上手くいかないと決めつけていた。

広平はさくらを1人で行かせる事を決意するが、

空一がトラブルに巻き込まれてさくらは行く事ができなかった。

それを知った広平はさくらにもう1度チャンスをと訪れるが、

そのプロデューサーは過去を持ち出して断ったシーンがメインだった。
ストーリー

神代広平は、宍戸夏希や他の女性たちの家を転々とすることをやめて部屋を借りた。

引越しは、増村泰造、星田和夫、そして天野空一にも手伝ってもらったため、

神代は『S』で慰労会を行う。

4人が飲んでいると、夏希が神代の忘れ物を届けに来た。

神代と夏希の関係を詮索する空一だが、

2人はいわゆる恋愛関係などは否定。納得できない空一に、

笹裕司は大人には男女の垣根を越えた関係もあると告げた。

そんな話をしていると、店に1人の女性が入ってきて神代に名刺を差し出す。

その女性、水原亜矢の肩書きは、レコード会社のものだった。

その頃、アパートにいた佐野さくらは、中村真美の傍でギターの練習をしていた。

さくらが真美から神代への想いをからかわれていると、空一が飛び込んで来る。

そして、空一は水原がさくらをスカウトしに来たことを伝えた。

無理だと拒否しようとするさくら。

だが、空一の話から神代が夏希とは何でもなかったと聞いて…。

『ビッグモービル』の屋上で、神代とさくらはスカウトの件を話し合う。

怪しい会社ではと疑うさくらに、神代は大きなレコード会社だから大丈夫だと請け負った。

さらに、プロになれる可能性もあると言われたさくらは、

レコード会社の人物と会うことに。

そして、神代とさくらは、そろって待ち合わせの場所へと向かった。

以上フジテレビラヴソングHPより


今回はさくらに歌手デビューのチャンスが巡ってきた。

たまたま歌っていたところにレコード会社の社員が聴いてきた事が

キッカケだったがさくらにとってはこのチャンスにやりたいという気持ちになる。

一方広平はこのさくらのチャンスに自ら関わらないようにしようとしていたが、

スカウトしたレコード会社のプロデューサーとは昔の因縁があり、

過去の事で広平がいると成功しないという話をされた事で

広平はこの件に関わらない事を決める。

一方さくらはこのチャンスに真美と空一は応援するが、

空一はあまりにもさくらに後押しするあまりに暴走してしまい

さくらをトラブルに巻き込んでしまった。

これによってチャンスはフイにしたさくらの事を知った広平は

プロデューサーに駆け寄るが、取り合ってもらえなかったのだった。

次回はさくらにもう1度チャンスをと伝手を頼ってさくらの歌声を売り込む。

果たして広平の行動はさくらの歌手への道を切り開くのか?

その行動に注目だ。