25日ドラマ「ラヴソング」第3話を視聴した。

今回はさくらがステージに立つ事となり、まず客のいない中で歌うが、

緊張でなかなか言葉が出てこない。

そんな中で葛藤するさくらに対して広平はさくらの緊張を解そうとしていく。

そんなさくらも練習を重ねていく事で歌えるようになる。

しかし本番直前に緊張から逃げ出してしまうも、

広平が君のためにギターを弾くという言葉でさくらは勇気をもらい

ステージで最後まで歌い切ったシーンがメインだった。
ストーリー

神代広平は、営業前の『S』に佐野さくらを連れて行きライブに向けての練習をする。

客はいないが、初めてステージに立つさくらは緊張。

世間話で緊張をほぐそうとする神代だが、さくらはためらったまま。

そんな神代にクライアントから電話が入る。

店の外に出て電話を済ませた神代が戻ると、さくらが独りで熱唱していた。

そんなさくらに見入ってしまう神代。

神代の視線に気づいたさくらは、恥ずかしそうに微笑んだ。

中村真美は、野村健太と一緒にいる時、偶然、楽しそうに男と歩くさくらを発見。

その時、真美はその男が神代だと野村に教えられた。

夜、アパートに帰ったさくらは、真美に神代との関係をからかわれる。

神代への想いを否定しきれないさくらは、

誤魔化すようにライブで歌うためだと真美に告げる。

遊びに来ていた天野空一は興味なさそうにしているが…。

一方、神代は宍戸夏希に、さくらとライブに出ることを教えていなかったことを咎められる。

さくらは夏希のクリニックで治療を再開することになっていた。

また、夏希には頑なにステージを避けてきた神代の変化も気になる様子。

夏希はクライアントとの距離感を考えた方が良いと、神代をからかうように忠告する。

次の日、さくらは同僚から神代が独身だと聞いて嬉しくなる。

その気持ちで、夏希のクリニックに行ったさくらは…。

以上フジテレビラヴソングHPより


今回はさくらが広平の提案でステージに立って歌う事になる。

人前に立つ事に抵抗のあるさくらは誰もいないステージで歌う事でも緊張していた。

そんな中でも練習する事で次第に歌える自分に可能性を感じたさくらは

広平と共に練習に励む。

しかしそれを心配する空一とぶつかったりしてしまう。

そして練習を重ねたさくらだったが、本番直前で声が出なくなってしまう。

それを見た広平はさくらにこのステージはお前の為にギターを弾く!

と言ってさくらに寄り添ってギターを弾く事を告げると、

勇気をもらったさくらはステージで歌いだした。

当初は心配して観ていた真美、空一だったが、

次第にその歌声に観客も拍手で応える。

その中でさくらは歌う事で自分を表現できる喜びを知ったのだった。

次回はさくらの声を聞いていたレコード会社の人がさくらをスカウトに来る。

果たしてさくらはこの話にどう考え決断をするのか?

その決断に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。