1日大河ドラマ「麒麟がくる」第30話を視聴した。

今回は光秀は美濃の信長に呼ばれて岐阜城を訪れたが、行く直前に秀吉から朝倉についての情報を教えてほしいという旨を聞いていた。

そしてそこでは信長がどうしたら大義名分が立つのか?と問われ天皇の許しを得れば大義名分が立つという話となり光秀は天皇に会う為には塀を直した事を口実にすればお会いできると進言し信長は当時では信長の身分では異例の拝謁を賜わう事ができた。

これにより大義名分は立ったものの、幕府には朝倉と通じる者も多く幕府からは兵は出せないという事になり信長単独での戦になるシーンがメインだった。
ストーリー




今回は信長は朝倉が美濃を攻めようとしている事を察知して諸国の大名を呼び寄せてどうしたら朝倉と戦えるのかを模索していた。そんな中で光秀は天皇の許しを得れば大義名分が立つという事となり、当時では信長の身分では直接天皇に拝謁する事は難しかったが、塀を直した事が拝謁する機会となりこれによりまずは朝倉を攻める大義名分は立つ事になった。

ただ問題はどうやって攻めるかだったが、現状では幕府内には朝倉と通じる者も多く幕府から兵は出せるとなった。それだけ当時の幕府は1人の大大名によって守ってもらえるとは考えていなかったが、ここから信長は勢力を拡大していく事を感じていなかったという事だ。

そこに光秀も戦に参戦する事になっていく。

次回はいよいよ朝倉攻めを行うが浅井の裏切りにあって窮地に陥る。果たしてこの戦にどういう大義名分があったのだろうか?その大義名分に注目だ。