12日大河ドラマ「麒麟がくる」第13話を視聴した。

今回は光秀は義龍から道三を討とうと言われたがその言葉に考え込む。そんな中で道三に呼び出された光秀は正直に道三を嫌いと申し出てそれでも道三を討てないと申し出ると道三はそれを受け止めて光秀に鉄砲隊の訓練を命じる。

その頃東庵と駒は駿河へ向かっていたが、その途中に藤吉郎のちの秀吉と出会う。この頃の藤吉郎はまだ農民のみであった。

一方信長は信秀から家督を継いだものの尾張の内紛で統一もままならない状況だった。そんな中で帰蝶が信長に道三が面会したいという話を受けて帰蝶がどうしても会ってほしいと頼まれて信長は道三に会う事を決める。道三は光秀を信長を知る人物として同行させる。

そして信長が現れたら信長は帰蝶が手配した多数の鉄砲隊を従えて道三を驚かせたシーンがメインだった。
ストーリー




今回は光秀が義龍から道三を共に討とう!と言われた事に対して考えていた。しかし光秀に道三を討つ意思はなく光秀は道三に正直に申し出て道三はそれを受けて光秀に鉄砲隊の訓練をするように命じた。

一方で東庵と駒は駿河へ向けて旅をしていたが途中で藤吉郎と出会う。後の秀吉だがまだこの時代の藤吉郎は信長に使える前の時代である。

一方信長は信秀から家督を継いだものの、尾張の内紛の鎮圧に苦しんでいた。そんな中で道三が信長に面会したいという申し出を受けた信長は1度は断るが、帰蝶の計らいにより道三と面会する事を決意した。

そして帰蝶もまた伊呂波太夫を通じて多数の鉄砲隊を揃えてほしいと大金を投じる。織田家は財政ではかなり恵まれていただけにお金には困る事は一切なかった。

そして道三と信長の面会の時に道三は信長が揃えた多数の鉄砲隊を見てその軍勢に驚きをもって見たのだった。

次回はついに道三と信長の面会となる。はたしてこの面会でどうお互いを捉える事になるのだろうか?その面会に注目だ。