29日大河ドラマ「麒麟がくる」第11話を視聴した。

今回は織田と今川の間で竹千代と信広との人質交換が行われた。これにより今川側が有利となり織田はピンチを向かえていた。そんな中で道三は援軍は出せないという返事をするように光秀に命じる。

その返事を持って信長と面会した光秀だったが帰蝶と共に信長が戦わずして和議を結べないかと光秀に将軍から和議をするように取り付けてほしいと依頼された。

依頼された光秀はこれを義龍に話を持って行き土岐頼芸に頼むが土岐頼芸は義龍に道三を討てという話を聞き光秀は思うところがあるも書状を手に義輝に会いに向かうが、三好長慶に都を追われていた。

細川藤孝の計らいで面会ができた光秀は義輝から以前言われた事を褒められて今川、織田に和議を結ぶ取り付けを得る事ができたシーンがメインだった。

ストーリー




今回は竹千代は今川方に渡った。人質として今川に移った竹千代はそこで太原雪斎から様々な事を学んでいくだけにこれが後の徳川家康の基礎になっていく。

一方今川に押され続ける織田は道三に援軍を求めるが、道三側もなかなか美濃が纏まっておらず援軍を送れないと援軍を拒否する為に光秀に使者として行かせた。

そこで信長にその話をすると信長は戦わずに和議を結べないかと光秀に相談する。光秀が以前将軍義輝と面識がある事を知った信長は光秀に和議を取り付けてほしいと頼む。

道三は一銭も出さないとなり、光秀は義龍に土岐頼芸と会わせてほしいと頼むが義龍はそこで俺の事を今後聞く事を条件に会わせるも土岐頼芸はこの話にあまり乗り気ではなかったが自分を守護から追い出す事を道三が計画している事を話していたが光秀はここは黙って聞いているだけだった。

ここで色々面倒な事を話せば当然揉めるだけだ。

そしてその頃の義輝は都が三好長慶に追われており近江の国で面会する事になったが、光秀は義輝から以前言われた事に感銘を受けたと話され今川、織田の和議をするように計らいを受けたのだった。

ここから光秀は将軍家との関係も繋いでいったという事になるのだろう。

次回は光秀は美濃の混乱の中でついに嫁を娶る事になる。照子との経緯はいかに?その経緯に注目だ。