23日大河ドラマ「麒麟がくる」第6話を視聴した。

今回は光秀は伊平次から細川晴元が三好長慶の暗殺計画している事を聞かされただちに三淵藤英に知らせたが当初は三淵藤英は動く気配はなかった。

しかしそれを聞いていた13代将軍足利義輝が三淵藤英に助けに行くよう命じた事で光秀と共に三好長慶を助けに向かったが、そこで松永久秀と共に襲われていたところを間一髪光秀らは救って見せたが光秀はその時の争いで怪我をしてしまう。

怪我をした光秀は京で東庵を頼って治療を受けて駒の献身的な看病もあり光秀は駒と共に美濃に戻るシーンがメインだった。

ストーリー



今回は光秀は伊平次から鉄砲の事を色々教えてもらった中で三好長慶が細川晴元に暗殺されそうだという話を受けて三淵藤英に知らせに向かった。しかしこの時代には将軍の力はなく、将軍が一言命じて収まらない世の中になっている事をまだ光秀は理解し切れていない中で三淵藤英は1度は断る。

しかし13代将軍義輝がその事を聞いていた事もあり三淵藤英、細川藤孝は長慶を助けに向かう。そこには松永久秀もおり2人とも細川晴元に狙われていた。狙われていた長慶、久秀は光秀の助けにより難を逃れたが、この時に光秀は負傷してしまい東庵の下で駒の献身的な看病を受けるのだった。

この時代は将軍の力は全くなくほぼこの時代の将軍はまだ権力こそあれ力がない将軍の立場にあった。

次回は帰蝶が織田家に和議の条件として嫁ぐ事になる。この事態に光秀はどう向き合うのだろうか?その婚姻条件に注目だ。