31日ドラマ「君と世界が終わる日に」第3話を視聴した。

今回は横須賀駐屯地へ辿り着いた響たちだったが本郷が射殺されるというまさかの事態に響たちはそこを逃げるしかなかった。

逃げた響たちだったがこのまま横浜を目指すにも食料も武器もない。そんな中でショッピングモールに辿り着き、そこで食料などに辿り着けたが、そこで生存者を発見し、生存者は女優の美亜という人物で恋人にオフを利用して会いに来ていたところでこういう事態に巻き込まれたらしい。

そんな状況で刀を持った集団に襲われた響たちは佳奈恵を人質に取られてしまい、そこからどうするか等々力らと打ち合わせて佳奈恵を取り戻す事を決断するが、作戦に出た響たちは美亜に裏切られてしまい捕まってしまったシーンがメインだった。

ストーリー



今回は響たちは横須賀駐屯地へ辿り着いたが、まさかの発砲を受けて逃げるしかなかった。本郷を失い纏め役を失った響たちだったが、生きる為には逃げ続けるしかなかった。この世界では誰を信じて誰を信じないのかが重要になってくるという事だ。

そして逃げ続けた響たちだったが、そこからショッピングモールに辿り着き何とかひと時を得られた。そしてそこで生存者が現れるが、現れたのは女優の中越美亜という女優でどうしてそんな人がここにいるのかがわからない状況だったが、それでも生存者がいた事は響たちにとって救いではあった。

しかしそこからスリリングな展開となっていく。来美が横須賀駐屯地で検査を受け続けるも、そこで判明したのが来美がゾンビに利く抗体を持っていたという事だ。これにより来美は生かされる事になるが、どうやらこの抗体を持った事でこの研究所にはゾンビの実験台とされる場所になっているようだ。


そして響たちはここからどうやって次へ向かおうとするかを考えていたが、そんな中で佳奈恵が美亜の仲間たちに捕まり、美亜は1度裏切ったらしい。そんな中で佳奈恵と交換条件が銃との交換だった。どうしてこの集団が刀を持ち、そしてゾンビを倒せるのかが現時点では謎であるが、少なくてもゾンビだけでなく人とも仁義なき戦いをしなければならない世界だという事だ。

そして佳奈恵を救おうと立ち上がった響たちだったが、美亜に裏切られて全員捕まってしまう。

次回は捕まった響たちはここからどうやって脱出するつもりなのだろうか?その脱出劇に注目だ。