8日ドラマ「危険なビーナス」第5話を視聴した。

今回は伯朗の下に康治が殺されるという手紙が届く。送り主不明のこの手紙に伯朗は楓と共に康治が眠る部屋でどうやって犯人を捜そうか考えていた。

そして思いついたのが原始的な自らベットの下に隠れる事だった。しかしこの計画は見事に失敗に終わり犯行を計画した祥子らに楓が犯人に仕立てられそうになる。

しかし伯朗は遺品にあったアルバムで過去を振り返り、改めて康治と相撲を見に行った記憶を思い出してあの手紙は浪恵が書いた事が判明し予め犯行を知っていたシーンがメインだった。
ストーリー



今回は康治が殺されるという手紙が届いた事から伯朗は楓と共にどうやって犯人を見つけるか話し合った。当初は盗聴器だったが、さすがに時間がないという事で楓が自らベットの下に隠れて犯人を見つける事になる。

当日の夜に倉庫にある矢神家の遺産を鑑定しているとその中に伯朗の母禎子が残したアルバムが出てきた。そこには伯朗が忘れていた康治との思い出が撮られておりそこで改めて伯朗は浪恵から康治は伯朗の父親になろうとしていた事を知る。

そして伯朗はそこで伯朗自身が矢神家の救世主という位置づけにされていた事を知るのだった。

次回は禎子すら殺されている事を知った伯朗は禎子を殺した犯人を捜すだけでなくこの矢神家の犯人を捜す為に奔走していく。果たして禎子らを殺した犯人の手掛かりを掴めるのか?その手掛かりに注目だ。





危険なビーナス (講談社文庫)
東野 圭吾
講談社
2019-08-09



危険なビーナス
東野 圭吾
講談社
2016-08-26