5日ドラマ「獣になれない私たち」第9話を視聴した。

今回は晶は業務改善を進めていたが会社のムードは晶の努力もあり良くなっており、朱里も次第に仕事に慣れてきた。

そんな状況で九十九社長は晶に営業部の特別チーフクリエイター部長という肩書を与えて朱里を社長秘書にするというとんでもない人事を発表する。ここからとんでもない状況になっていくが、その前に晶と朱里は京谷の母千春に見つかった事でこれまでの経緯を話し出すが、最終的には3人意気投合するという事態に京谷もどうなっているのか?と不思議がるが4人ともそれぞれ傷を抱えている事で纏まったのだった。

そんな会社の日常になると朱里は懸命に社長秘書として全力を尽くすが、九十九社長の捲し立てる態度と圧力で次第に冷静さを失っていく。そして決定的なミスをしてしまった事で九十九社長は激怒してそれを見た朱里は思わず逃げ出すしかなかった。

この状況を知った晶はさすがに九十九社長の横暴ぶりに我慢の限界に達して獣になるが、逆に九十九社長から辞めろ!と言われて晶がいなくてもどうにでもなるという言葉に晶も自分は必要とされていない事を感じた晶はは恒星もどうにもならない状況にぶつかった事もあり2人は寄り添ったシーンがメインだった。

ストーリー

晶が業務改善を進めた結果が出始め、ツクモクリエイトジャパンの雰囲気はどんどん良くなっていた。
松任谷と上野も仕事の結果がだせるようになり、
入社した朱里もSEチームとなじんでいる。
そんな中、社長の九十九が今度は晶を『営業部の特別チーフクリエイター部長』に昇進させることを発表。
その代わり、今まで晶がやっていた細々とした業務は全て新人の朱里が「社長秘書」としてやることになり、驚く社員一同。
晶と朱里はとまどう。

恒星と呉羽の5tap前でのハグ写真が週刊誌に掲載された。
橘カイジの妻として話題の呉羽の過去の恋愛関係がどんどんほじくり返され、
みんなのオアシスだった5tap前にも記者が張り込むようになってしまう。

夫の葬儀などがようやく落ち着いた千春が京谷のマンションに突如遊びに来る。
そこで鉢合わせたのはとっくに別れたと聞いていた朱里!
朱里はなんとかマンションを抜け出し晶の部屋に逃げ込むが、そこにも千春が訪ねてきて…。

以上日テレ獣になれない私たちHPより

今回は朱里が晶の会社に働いてから次第に慣れてきた中で会社のムードも良くなってきていた。そんな中で晶は営業部の特別チーフクリエイター部長、朱里には社長秘書というとんでもない人事を発表する。

これについてですけれど、九十九社長のような人に対して即対応できる人なんてまずいません。それに朱里は社会復帰してから4年のブランクがある訳で、それを差し引いても慣れるまで色々大変な事ばかりある。

私も社会復帰するまでのブランクは3年の月日があっただけに、しかも全くの経験のない仕事をやった中で色々怒られましたけれど、そういう経験をしているから朱里がいきなりバリバリ仕事ができる訳なんてないんです。

私も晶のように色々な業務何でも屋みたいな役割なので、現状ハッキリ言ってキャパオーバー状況です。そんな中でも人が来た事でどうやって仕事を覚えてもらうか?という部分がある訳ですけれど、やはり1番はいかに怒らず失敗を責めない事が重要なのです。

私自身普段かなりカリカリしていますが、付いている人には確り説明する事を心掛けて1つ1つ教えていく事を粘り強くしています。そして周りの対策と傾向は確り伝えます。初めて入ってきた人にとって何が来るのかが1番不安な訳です。その不安を少しでも緩和してあげる事が必要な訳で、その点では九十九社長は全くそういう事ができない人です。

晶はこれまで九十九社長の行動パターンと傾向を見ているので対処しやすいですが、知らない人が接したらこれは朱里じゃなくても潰れるのは必然です。私も身近で潰れていった人を何人も見ていますからそういうケースを反面教師にしていかに潰れないようにしていくかが会社としても必要な事を九十九社長は全くわかっていません。

少なくてもかわりはいくらでもいる。いなくなっても何とかなると言っている以上はこの会社の未来はないと言っているに等しい訳です。

この回の最大の見せ所だった晶の九十九社長への怒りの発言こそ私にとっては大きく心を打たれる一言でした。晶のような配慮ある人が社長ならこの会社の社員はみんなついてくると思いますし、頼れる晶の気配りがそれだけ群れずに頼られる存在なのだと思います。

次回はそれぞれ5人が歩む道はどんな道になるのか?獣になれるのか注目だ。











今夜このまま(特典なし)
あいみょん
ワーナーミュージック・ジャパン
2018-11-14