20日ドラマ「家族ノカタチ」最終話を視聴した。

今回は陽三の末期がんで残された時間をどう過ごすのかを

考えさせられていた大介だったが、

その中で大介は葉菜子にどうすればよいのか相談していた。

そんな中陽三は大介の気持ちを察し葉菜子と一緒になる事が

1番だとこのチャンスを逃すなと言って静かに息を引き取った。

その後陽三の葬儀を行う中でこれまでの出来事を振り返りながら

最後の挨拶で大介は葉菜子に陽三から言われた言葉を思い出し

陽三に教えられた家族ノカタチを葉菜子に伝えて

大介は葉菜子との家族ノカタチを作っていく事を決めたシーンがメインだった。
ストーリー

末期ガンを告白した陽三のために、何をしてやればよいのか?

大介は迷っていた。そんなある日、大介は葉菜子に相談を持ちかける。

常日頃から「今まで通り普通がいちばん」という陽三の言葉を思い返す大介に対し、

「それでいいのでは?」と葉菜子。

そして、陽三のために2人が考えたのは、

今までどおりに皆で“普通”の生活を送ることだった。

その数日後、大介はホームパーティーを企画する。

葉菜子や律子、恵、浩太はもちろん、大介の同僚の佐々木や入江、

そして葉菜子を通じて知り合った莉奈や和弥などなど、

陽三が居候を始めたことがきっかけで知り合い、

より深い関係を築く事ができた、

そんな人たちを招いて行われる飾り気のないホームパーティー。

大介の部屋にたくさんの笑顔が集まり、穏やかな時間が流れていく……。

以上TBS家族ノカタチHPより


今回は陽三の末期がんで本来の余命を超えていた。

そんな中大介は残された時間で何をしてあげるべきなのかを葉菜子にも相談したけれど、

大介は陽三が望んだ最期にできる事をしてあげようと、

陽三を囲んだみんなでのパーティーを開いた。

その中で陽三はこれまで出会った人たちに感謝の言葉を告げて、

それを全て告げ終わると最後に大介に葉菜子に

本当の想いを伝えろという遺言を残して陽三は息を引き取った。

その後葬儀の中で大介はこれまで起きた事を振り返りながら

大介は家族ノカタチは必ずしも1人だけじゃない事を感じ、

義理の母になった恵の息子浩太の面倒を見る事を決め、

そして告別式でのあいさつで葉菜子に家族になろうと

告げて葉菜子も心の中に大介と一緒にいる人生を感じていた事もあり

大介と葉菜子は家族になったのだった。

それが陽三が最後に残した遺言だった。

そして大介と葉菜子はお互いの部屋をそのままにしながらも

お互い家族として暮らしていく事になったのだった。

最後は陽三の遺言をそのまま受け入れた感じになったけれど、

やはり波長の合うもの同志の方が色々と物事がうまくいきやすいですよね。

大介と葉菜子の2人はそれだけ似たような2人だった訳で

それを陽三も葉菜子の母親律子も同じように感じていた。

そして家族ノカタチは普通とは違うけれど、

大介と葉菜子は家族となった。

総評として大介と葉菜子は家族になった訳ですけれど、

今の時代子供のいない家族も珍しい訳じゃありませんので

それはそれでそういう人生があってもよいと思います。

何度も再婚できる人も凄いですが、

そういう家族を持てない人もいるので改めて家族の形に

こだわる必要はないのかもしれないと感じました。

次回もこの枠のドラマを続投いたします。

次は0.1%の可能性に賭けた犯罪立証ですが、

果たしてその可能性にどう挑んでいくのか?楽しみに視聴したいと思います。

それではまた1か月後この時間でお会いしましょう。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

TBS系 日曜劇場「家族ノカタチ」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMD itaku (music)
2016-03-02



家族ノカタチ [Blu-ray]
香取慎吾
TCエンタテインメント
2016-08-10