6日ドラマ「家族ノカタチ」第8話を視聴した。

今回は恵が看護学校の試験に挑み念願の合格を果たした。

そんな恵を祝おうと話が持たれるが、

そんな中で葉菜子がどうして離婚したのかの経緯も律子に話す時が来た。

果たした瞬間律子はどうして葉菜子が妊娠しにくい体になった事を話さなかったのか?

を律子は理解し葉菜子を抱きしめた。

一方大介は莉奈から告白を受けてその返事を返すためにデートをするが、

大介の返事は結婚できないだった。

一方恵の合格祝いの場で陽三から大介に余命数か月と聞かされ

大介は心の中で動揺するシーンがメインだった。
ストーリー

大介は、ようやく陽三が探しているといっていた再婚相手の恵と会うことができた。

陽三は結婚詐欺に遭っているかもしれない、

という大介の心配も晴れて、恵は今年最後の看護学校試験に臨む。

試験の結果はどうであれ、

これで陽三と浩太が大介のマンションに居候する理由もなくなったと、

大介が佐々木らに話をすると、

ペンナ企画開発部の面々から送別会を開こうとの声が上がる。

一方、律子も、そろそろ夫の待つ川上村へ戻ると葉菜子と伝えていた…。

そんなある日、大介に想いを寄せる莉奈が葉菜子と和弥と一緒に、

大介の行きつけのビアバーへと現れた。

いつものように一人でビールを楽しむ大介は、突然の来訪者にビックリ!

果たして、3人は何のために大介を訪ねてきたのか!?

以上TBS家族ノカタチHPより


今回は恵が看護学校に合格して陽三との結婚が詐欺じゃない事を確認した。

確かに色々な事情があるから信じられないのは無理もない話だけれど、

そんな中で恵の合格祝いをみんなで集まってすることになった。

そんな中で葉菜子は入院から復帰して莉奈が以前より

仕事に責任をもって取り組んでいる事に対して信じられない様子だったが、

これも大介に恋しているからでもあった。

恋して仕事がはかどるというのもある意味凄い話だ。

そんな莉奈は大介に結婚してくださいと告白し、

大介はドン引きしてしまうが、

元々結婚の意思のない大介にとって莉奈への返事は決まっていた。

ただ莉奈のような女性をフッてしまえるという度胸はある意味凄いと感じる。

そんな中で葉菜子が律子に子供が産みにくい体になった事を告げると、

その事情がやはり複雑なものだという事が改めて感じた。

やはり両親にとって孫の顔が見れないというのは

ある意味残念な気持ちになってしまうものだから、

余計その責任を感じた葉菜子は離婚の選択をしたのはそういう事情にあった。

そして恵の合格祝いの席で陽三は余命数か月である事を

大介やみんなに伝えて残りの時間を

どう見つめるのかを考えさせられることになった。

次回は陽三の余命が数か月と知り大介は

これまでの心境にどう変化をもたらすのだろうか?

その変化に注目したい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。

TBS系 日曜劇場「家族ノカタチ」オリジナル・サウンドトラック
オリジナル・サウンドトラック
SMD itaku (music)
2016-03-02