28日ドラマ「家族ノカタチ」第7話を視聴した。

今回は大介の前に突然恵が浩太を連れて何処かへと行ってしまった。

佐々木の婚活詐欺の件があった大介にとって他人ごとでなく陽三を問い質す。

しかしなかなか口を割らない。

一方葉菜子は仕事のトラブルの為大切なプレゼンを莉奈に

託さざる得なかったが和弥の助けを得てトラブルに奔走する。

そんな中で大介は恵を呼び出して陽三と事の経緯を聞き出すと、

恵は看護師になるために試験勉強をしていた。

そのため一時的に試験勉強のために別居する事にしていたのだった。

そして陽三と恵の結婚の経緯を知った大介は

これが騙されていないか試験会場まで

確認に行くが恵は試験を受けに行った事を確認する。

一方葉菜子はトラブル解決して日本に戻るが、

高熱で入院する事になる。

そこで律子にどうして再婚しないのか?

と理由を問われるが大介も事情を知っており話したら

ショックを受ける事を知っていて何も言えないシーンがメインだった。
ストーリー

ある日の朝、大介と葉菜子の前に突然現れた恵は、

息子の浩太をタクシーに乗せて走り去ってしまう。

大介は慌ててすぐさま陽三に報告するが、陽三は特に動揺したそぶりも見せない。

そんな陽三の様子から、恵と連絡を取っていたことを悟る大介が問い詰めるが、

さっさと仕事に行ってこいと陽三は聞く耳を持たない。

大介はますます、陽三が結婚詐欺に遭っているのではと心配するが…。

一方、葉菜子の会社では、

注文していたコーヒー豆と別のものが取引先に届くというトラブルが発生。

国内の倉庫の問題か? はたまた荷を送った現地の問題か?

取引先への謝罪ほか、原因究明のために場合によっては、

葉菜子がインドネシアへ向かわなければならないというが、

翌日には大事なプレゼンが控えていた。

以上TBS家族ノカタチHPより


今回はまず恵がどうして陽三と結婚する事になったのかというシーンが登場した。

普通にこれだけ年齢が離れているとお金目的と疑ってしまうものだけれど、

色々事情を聞くと恵の事情を聞いた陽三が

ダメ元承知で結婚を申し込んだ事が判明する。

恵も男に逃げられ、看護師を目指していたが退学する事になった。

一度退学してしまうとまた1からやり直しだから

それだけ大変な事でもあるんだけれど、

何より浩太を育てながらだからそんなお金もない。

これは一度社会人経験した人で学校へ入学した人でないとわからないけれど、

働けばある程度どれだけの給料を得るのかを知る訳で

大学や専門学校でも年間100万以上掛かる。

子供を育てながら100万を自分のために使う事は早い話難しいのは

社会人になればいやというほどわかる訳で、

経験者としてこれがどれだけ難しい事なのか知る。

100万貯めるのがどれだけ大変か知れば簡単に行きたいとは言えない。

私も100万以上の貯金はあったけれど、

この金額聞いて最初はいくつもりなんて1つもなかった。

まして親のお金で行くなんてしたくなかったが

どうしても行けというので嫌だったが行ったという過去がある。

行きたくないのに行くのも大変だけれど、行きたくてもいけないもの大変だ。

私の場合学校時代の成績があまりにも悪かったので

入学しても卒業できると思わなかったんですけれどね。

年齢重ねてから学校へ行く事の大変さは行った人にしか解らないので

これ以上は書かないけれど、

そのお金を出すという陽三に恵が救われたのだけは間違いないだろうね。

誰も救ってくれないと思っていた恵みには陽三の言葉は

非常に救われる言葉だった事だけは確かだ。

これはビリギャルでも描かれているけれど、

お金があれば可能性があるという事でもあるけれど、

お金がなければ可能性はないという現実でもある。

可能性をないままにするか?

可能性が少しでもあるようにするか?

みんなに可能性ある社会でないという現実だ。

一方葉菜子はトラブルから大切なプレゼンを莉奈に託すことになる。

和弥にサポートをお願いするも、莉奈に託す事への不安はあったものの、

それでもやってもらうしかない。

実力ある人ならともかく、

そうでない人に託すのは色々と不安や

そのあとの後始末が大変なのは私も経験しているし、

葉菜子のように入院生活も経験した身としてこれは他人ごとじゃありません。

現実に目の前で経験した事なので大変です。

そんな中で葉菜子がどうして再婚しないのか?と律子に問われるが、

葉菜子は子供の産みにくい体だと言えない事に苦悩しているのだった。

次回は恵が受験した後に結果が出る。

そして陽三からある事を大介に告げられる。

果たして大介はどう受け止めるのか?

その宣告に注目だ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

Rankingブログランキングに参加しております。