13日大河ドラマ「鎌倉殿の13人」第23話を視聴した。

今回は曽我兄弟が頼朝を狙っている事を知った義時は頼朝に知られずに頼朝を守ろうと連携を図る。

そんな中で頼朝の嫡男の万寿の狩りを共にした頼朝は万寿に手柄を立てさせようとシカを討ち取ったように見せる演出すらさせた。しかしそれは義時の嫡男泰時が仕留めたシカだった。

そんな中で曽我兄弟が頼朝を襲ったが中川らが控えていた事により暗殺は回避され、曽我兄弟は斬首となったがこの一件で範頼との関係があったする事になったシーンがメインだった。
ストーリー



今回は曽我兄弟が頼朝暗殺計画を知った義時はそれを阻止する為に頼朝に知られないように裏で動く。確かにここで知られたら時政が関わっている為に北条が滅ぼされかねない事は義時にもわかっていた。

それを阻止する為に三浦、畠山、梶原らの協力を仰ぎ、そこから万寿を守りながら頼朝暗殺を阻止するというミッションが始まった。

シカ狩りに出た万寿たちは義時の嫡男泰時の腕の良さを見せつけられた事で状況が悪くなるも、それが功を奏して万寿を上手くシカを仕留めたように演出し、さらには頼朝が無類の女好きが功を奏して再び暗殺を逃れる事ができた。

この失敗で曽我兄弟は斬首となったが、情報が錯乱した為に範頼が頼朝、万寿が亡くなった場合の次期鎌倉殿に仕立てられた事で暗雲が漂い始めた。

次回は範頼は頼朝から追放されてしまう。果たして範頼の心中はいかに?その追放激に注目だ。