6日ドラマ「過保護のカホコ」第9話を視聴した。

今回はカホコと初は結婚したいと正高と泉に直接告げるも泉の大反対にあってしまった。そんな中初代が意識を失い初代の看病をする事になった泉たちだったが、それぞれの家族の問題があったり初代の治療法を巡って喧嘩をしてしまう。

初代の意識が戻った時の事を考えてカホコと初は結婚を認めてもらうように動くも離婚や糸が家出するなどバラバラのままだった。

そんな中初代が意識を取り戻すも初代は最期の遺言という感じでそれぞれに話しかけてカホコは初と一緒になってほしいと告げられた。

そして初代は親族皆が集まる中で初代は息を引き取ったシーンがメインだった。

ストーリー

カホコは泉いずみと正高まさたかに初はじめとの結婚の許しを乞うが、本気の二人を前に泉は自分も本気で反対すると宣言。そんな中、初代はつよが意識を失い、親戚中が病院に駆けつける。初代の余命が短いことを受け入れられない泉は、どうしても母を助けたいあまり治療法を巡って再び姉妹喧嘩を始めてしまい…。


 心細さを感じるカホコを、初は初代の意識が戻った時に喜んでもらえるよう二人で家族の問題を解決して、結婚についても応援してもらおうと励ます。
 早速親戚たちに結婚したいことを報告するカホコだったが、初代の病気は自分の行いのせいだと泣く福士ふくしに、離婚することにしたといじける環たまき、イトを勘当したと言う節せつと、自分たちのことで精一杯の皆が応援してくれるはずもなく…。つきっきりの看病で焦燥しきった泉は、家族の絆を修復しようとするカホコに思わず冷たい言葉をかけてしまう。


 大好きだった家族を誰も救うことができず無力感を感じるカホコを励ますため、初はカホコを抱きしめようとするが…。タイミング悪く現れた正高が今度は教子きょうこがやらかしてしまったと話し、一同は根本家へ。そこには以前施設を飛び出した保たもつの他にも、親の帰りが遅いため行き場のない子供たちに夕飯を食べさせようと家に連れ帰ってきてしまった教子がいて…。子供たちを家に帰そうという正高たちだったが、カホコにはあるとんでもないアイデアが浮かぶ。それはカホコの将来を左右するひらめきだった。


昏睡状態から目覚めた初代は、泉とカホコに「家に帰りたい」と懇願する。久しぶりに我が家に帰った初代は、三姉妹とカホコに最後のお別れをする。命の灯はやがて消えようとしていた…。

以上日テレ過保護のカホコHPより


今回はカホコと初は正高と泉に結婚の許しを得ようとするが泉の大反対にあってしまった。まあこれまで散々過保護にしてきた事もあるだろうけれど、こういう親ってある意味でどんな人を連れてきても納得しないんだと感じる。相当周りを取り込まなければならないという事だ。

そんな中初代が入院し余命僅かという中で泉ら姉妹は治療法を巡って口論となる。泉は初代の看病のために泊りがけになるが、泉は何としても治療して延命してほしいと願っていた。

カホコと初は2人の結婚を初代さんに伝えるために他の親戚を説得しながら回るも他の親戚は親戚で色々問題を抱えており、一方は離婚、一方は糸が家出するという状況であり、正高の実家もまた多くの問題を抱えていた。

その中でもカホコと初は説得するのだがそれどころじゃないという状況にあった中で初代が意識を取り戻してカホコと初にかつての自分を振り返り自らも駆け落ち同然で結婚した過去を語った初代はカホコと初には周りに認められて結婚をしてほしいと遺言した。

そして初代は親戚がみんな集まった中でそれぞれに遺言を話して初代は静かに息を引き取ったのだった。

誰もが最後を迎えるけれど、こうやって親戚が集まって最期を迎えられるのは幸せな人だと思います。私なんて多分最後は誰も集まる事なく静かに1人亡くなると思うのでそれはそれでそれまでの人生だったのかなと最後に思うんでしょうね。

次回は初代の遺言でカホコと初は結婚へ向けて動き出す。果たしてカホコと初は結婚できるのか?その結婚に注目だ。





過保護のカホコ plus
日本テレビ
宝島社
2017-09-08






Family Song (初回限定盤)
星野 源
ビクターエンタテインメント
2017-08-16