16日ドラマ「過保護のカホコ」第6話を視聴した。

今回は泉が家を出て行った事で家の中は誰も家事ができない事で滅茶苦茶になっていた。そんな中で今度は泉の娘たちも次々と夫婦喧嘩が原因で泉の実家に戻っていた。そんな中でカホコはどうしたら泉に戻ってきてくれるのか?初に相談するも答えは見つからない。

そんな状況でカホコは料理、掃除、洗濯など奮闘するもなにも教えてもらえなかったカホコにできるものではなかった。そんな中でカホコの家に男たちが集まりみんなで謝罪に行く事となり、そこで泉の実家に行ったらそれぞれこれまでを振り返っている泉たちがいた。そんな泉の本音を聞いたカホコは泉の気持ちを初めて知るも、戻ってきた泉はカホコに対して自由を与えたシーンがメインだった。
ストーリー

 カホコの脱過保護宣言を受けて突然家を出てしまった泉いずみ。根本家では残された正高まさたかとカホコが慣れない家事に手を焼き、家の中はメチャクチャに。
 一方で初はじめが両親の前で交際を申し込んでくれたことが嬉しいカホコだったが、「カホコと呼ぶこと」と「好きだと言うこと」の2つのお願いに、照れる初はなかなか答えてくれず…。

 出て行った泉を説得するため、正高は泉の実家・並木家を訪ねる。しかし、泉から口をきいてもらえないどころか、夫婦喧嘩をして家を出てきた泉の妹・節せつがタイミング悪く転がり込んできて、正高の説得はスルーされてしまう。
 その頃、料理ばかりか掃除や洗濯が一切できないカホコが家事に挑んだおかげで家の中はさらなる惨状を極めていて…

 再び並木家を訪ねる正高だが、今度は家出をした泉の妹・環たまきが駆け込んできて、またしても正高の説得はうやむやに。逆に根本家には、実家で娘の教子きょうこの借金トラブルに巻き込まれそうになった正高の父・正興まさおきが逃げ込んでくる。親戚中でトラブルが勃発していることを相談するカホコに、初は心配しなくてもすぐに元に戻ると話す。照れながらもカホコのことを名前で呼ぼうとする初だったが、そこにすっかり印象の変わったイトが割り込んできて...。

 そんな中、女たちの集まる並木家と反対に、根本家には妻に出て行かれた夫たちが続々と集結。妻の悪口で盛り上がる男たちの間でカホコは意外な行動に出る!

以上日テレ過保護のカホコHPより


今回は泉が家を出て行った事でカホコと正高は家事が何もできずカホコは料理、洗濯、掃除を積極的にやるも何も教えてもらえなかったカホコにはあまりにも酷だった。まあ私も普段料理、洗濯、掃除はしませんからカホコの気持ちになるとできない事を無理にやってもかえって状況を悪化させるんですよね。それに泉のルーティンがあって、そのルーティンがわからないと何が何処にあるのかすらわからないものだ。そんな中でカホコは初にどうしたらいい?と尋ねるもさすがに、この件については家族間の問題なので他人が口を出せる事じゃなくどうしたらよいというのはその家庭にしかわからない事だ。

そんなカホコは泉の実家から逃げてきた男性たちの話を聞きながら仲直りするにはどうするべきなのか?を考えていたがやはりカホコも直接言って説得するしかないという結論になる。そしてカホコと正高たちは泉の実家に行くと泉たちはこれまでの事を語っていた。そしてその話からこれまで知らなかった事も知る事ができた事でカホコは泉と向き合えるようになったが、それは泉がカホコに管理から自由を与えるという事になったのだった。これまでカホコを管理してきた。それを自由にするというのは今度こそカホコ自ら考えて行動しなければならないという事だった。

次回は初代の余命が僅かと知ったカホコは初に子供が欲しいと突っ走ってしまう。果たしてカホコと初はそれをキッカケに別れてしまうのだろうか?その展開から目が離せない。